トヨタ新型「カローラFX」発表に反響多数!? 「復活!?」「気になる」の声! 1987年モデルへの「敬意」盛り込んだ”スポーティセダン”!米国に登場

トヨタ新型「カローラFX」発表に反響多数!? 「復活!?」「気になる」の声! 1987年モデルへの「敬意」盛り込んだ"スポーティセダン"!米国に登場

米国の「2025年版カローラ」と同時発表

 トヨタの米国法人が2024年6月5日に発表した、「カローラ(2025年モデル)」の特別仕様車「FXスペシャルエディション」。
 
 往年の名車に敬意を払うネーミングであるこの特別仕様車が、ネット上では話題になっています。いったいどのようなクルマで、どのような声があるのでしょうか。

トヨタ「カローラFX スペシャルエディション」
トヨタ「カローラFX スペシャルエディション」

 トヨタ「カローラ」は1966年に初代モデルが登場。世界中で今も人気のロングセラー車で、現行モデルは2018年に登場した12代目です。

 そんなカローラは、米国仕様のセダン車について、2025年版マイナーチェンジが発表されました。

 さて、同日に発表されたのが、その2025年版セダン車の「SE」グレードをベースとした、特別仕様車「FXスペシャルエディション」です。

 標準モデルとの主な違いは、外装面ではスポーティなデザインのフロントバンパー、リアディフューザー風のディテールが加えられたリアバンパー、さらにトランク上部にあるローマウントのリアスポイラーです。

 またホイールは専用のサテンブラック仕上げの18インチアロイホイールを採用。さらに車高はローダウンスプリングにより、標準モデルより低くなっています。

 細かいところでは、ミッドナイトブラックのルーフカラーや、ブラックのメーカーエンブレムがプレミアム感を引き立てています。

 内装面では、専用表皮のスポーツシートを装備。さらに電動パワーステアリングもよりスポーティなハンドリングを実現する特別セッティングとなっています。

 ボディカラーはミッドナイトブラックメタリック、アイスキャップ、アンダーグラウンドの3色が展開されます。

 パワートレインは、2.0リッター直列4気筒エンジンを搭載。デュアル可変バルブタイミング機構を用いることで、最高出力169馬力、最大トルク150ポンドフィート(203Nm)を発揮します。

 発売は2025年秋の予定。詳細や価格は後日発表されるといいます。

※ ※ ※

 カローラFX スペシャルエディションは、その名前のとおり、1987年に米国で登場した「カローラFX16」に敬意を表したモデルです。

 日本では1984年10月に5代目カローラの派生車種として、ハッチバックタイプ「カローラFX」のGT系(4A-G型エンジン搭載車)が発売となっていて、米国「カローラFX16」はこれに近いクルマです。

 2ボックスタイプのハッチバック車としては日本で初めてDOHCエンジンを搭載したモデルであり、当時人気だったシビックやCR-Xに対抗するモデルとして投入された、記念碑的な一台でした。

 そんな往年の名車をリスペクトした「FXスペシャルエディション」に対し、ネット上では「気になる」「カローラFX復活!?マジ!?」「名前だけでもFX復活するの良いですね」「なんでこのスタイルを日本で販売しないの?絶対こっちのがカッコいいのに・・・」「カローラFX!!30年以上前に親が乗ってたやつ」「おれ、これ輸入して乗りたい」「こういうカッコいいセダンなら若者も乗れますよね!」「ハッチバック版も出してほしい!やっぱりFXといえばハッチバックだし」など、さまざまな反響が寄せられています。

【画像】超カッコいい! これがトヨタ新型「カローラ」FXスペシャルの全貌です(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. しかし相も変わらず海外生産車両のコピペ記事
    メーカー開発者のコメントは?メーカーとのパイプ皆無??
    卓上で書いたネット情報流用 老害ライターが書いたのか?
    お気楽な仕事で羨ましい生産性ゼロの企業らしい

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー