トヨタの「“最強”ライトバン」登場20年超でもなぜ売れ続ける? 使い勝手最強の“営業マン”マシン「プロボックス」一体何がスゴい?

トヨタの商用ライトバン「プロボックス」は登場から20年以上経過した今でも絶大な人気を誇ります。一体どのような魅力があるのでしょうか。

荷室の使い勝手がとにかくスゴい!

 トヨタ「ハイエース」と並ぶ商用車のベストセラーが、同じトヨタの「プロボックス」です。
 
 ハイエースがワンボックスなのに対し、プロボックスは背の低いライトバンです。

ビジネスマン向けに使い勝手を極めた「プロボックス」の運転席まわり
ビジネスマン向けに使い勝手を極めた「プロボックス」の運転席まわり

 そんなプロボックスは現行モデルがデビューしたのは2002年7月。2014年に改良を受けてプラットフォームを変更していますが、フルモデルチェンジなしで20年以上も継続して販売されています。

 そして、2022年度には5万7192台を生産。これは、乗用車の新車販売ランキングでは13位付近に相当するもので、多くの人に支持されているといえるでしょう。

 なお、製造元のダイハツによる型式認定問題の影響で出荷停止期間があった2023年でも約5万台を販売するなど高い人気を誇ります。

 プロボックスはなぜ多くの人に愛用されているのでしょうか。

 プロボックスが支持されている理由のひとつとして、仕事をサポートする実用的なパッケージングが挙げられます。

 後席の広さを重視する一般的な乗用車とは異なり、質実剛健のプロボックスは後席よりも荷室の広さを重視。

 わずか4245mmという全長にもかかわらず、後席を倒さなくても(後席に人が座れる状態のまま)1040mmの荷室長を確保しているのは驚異的です。

 さらに後席は座り心地よりも格納性を考えた構造で、快適性にも配慮して厚いシートを組み合わせる上級グレード「F」を除けば、背もたれを前に倒すだけで段差のない床を実現します。

 その際の荷室長は1800mm以上で、この広い荷室がプロボックスの自慢です。広大な荷室を活かして、ミカン箱なら38個、A4コピー用紙の箱なら89個も積めるのだから驚くしかありません。

 とはいえ、自慢は小さく折りたためる後席を組み合わせた広い荷室だけではありません。ビジネスをサポートする細かい配慮がすごいのです。

 ダッシュボードには左右幅の調整がおこなえ、ケーブルを挿した状態のスマートフォンからメモ帳まで挟める「マルチホルダー」に加え、中央部分にはお弁当やA4ノートパソコンを置けるテーブルを設置可能(最大荷重10kg)。

 ダッシュボード中央下にはペットボトルはもちろん、500mLにとどまらず1Lの紙パック飲料まで置けるトレイを用意しているのだからさすがです。

 得意先へ向かうために時には1分1秒を争い、時には空いた貴重な時間を車内で過ごすことになるビジネスパーソンに向けてここまで至れり尽くせりのクルマは、プロボックスのほかにはちょっと見つけられません。

 また、サンバイザーにはポケットがたくさんあり、名刺だってたくさん挟めます。こういうさり気ない工夫も、顧客の実用性を最優先したクルマ作りの賜物と言えるでしょう。

 確かに、ハイトワゴンなどでは前席周辺のポケットをもっと多く用意した実用的なクルマもあります。

 しかし、ビジネスパーソンの“道具”として、ここまで目的を明確化した収納アイテムを多く組み込んだクルマはプロボックスが唯一無二といえるのではないでしょうか。

「疲れ気味のビジネスパーソンをどれだけサポートできるか?」ということが大切であり、その点においてプロボックスは他車の追従を許さないのです。

【画像】カッコいい!これがトヨタの「最強ライトバン」です! 画像を見る(25枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー