“新車”のトヨタ「2000GT」に大反響! 「5ナンバー」ボディ&クーペとオープン設定! “ホンモノ志向”レプリカモデル「ロッキー2000GT」実車展示に熱視線

東京オートサロン2024に展示されていた、トヨタ2000GTのレプリカモデルに、ユーザーから多くの反響が集まっています。一体どのようなクルマなのでしょうか?

「ロッキー2000GT」への反響は?

 トヨタ「2000GT」は1967年から1970年まで生産され、わずか337台しか製造されなかった、まさに「幻の名車」。
 
 あれから60年近く経った今では、コレクターズアイテムとして世界中から注目されています。
 
 一方で、この2000GTを忠実に再現したレプリカも話題を集めており、その実車展示に多くの反響が集まっています。

トヨタ「2000GT」を完全再現!?
トヨタ「2000GT」を完全再現!?

 2024年1月に開催された東京オートサロン2024には、ロッキーオートの「ロッキー2000GT」が展示されていました。

 このモデルはトヨタ「2000GT」をベースに、元チームトヨタのキャプテンである細谷四方洋氏の監修のもと製作されたとのことです。

 ボディはロッキーオートが一から設計し、エンジンにはBMW「3シリーズ」で使用されていた2リッター6気筒24バルブエンジンを採用しています。

 ロッキー2000GTは、本家2000GTのレプリカでありながら、エアコンやパワーステアリングを標準装備。

 現代の道路環境に適した快適な走行が可能なクルマとなっています。

 まるで2000GTが令和の時代に復活したかのようなロッキー2000GTですが、その製作経緯やコンセプトについて、ロッキーオートの担当者は本来の2000GTと同様に5ナンバーに収めたいという強い想いがあったといいます。

 そうして完成したロッキー2000GTのこだわりは随所に見て取れ、木目のパネルなどはすべて本物のローズウッドを使用するなど、忠実に2000GTを再現することに注力したのこと。

 また、過去に製作した3ナンバーボディに3リッター直列6気筒エンジンを搭載する「ロッキー3000GT」の経験も活かされているとも述べていました。

 なお現在は4速ATのみのラインナップですが、5速MTでの販売も可能とのことです。

 東京オートサロン2024ではロッキー2000GTの他にオープン仕様の「2000GT オープンモデル」も展示されていました。

 価格(消費税、諸費用込)は、クーペ仕様が3000万円、オープン仕様が3330万円です。

 そんな2000GTのレプリカモデルにユーザーからは「オリジナルのエンジンとは違うけど、同じ排気量で直6というパッケージまで揃えてきたのはステキ」「新車で当時に近い2000GTに乗れるのは男のロマンだなあ」「街でみたらホンモノだと思っちゃうくらい存在感ある」など、その再現度の高さに多くのコメントが集まっています。

 またオープンモデルに関しては「市販されなかった幻のボンドカー、欲しい」「これに乗ってジェームズ・ボンドになりきりたい」と、映画「007は2度死ぬ」に登場した2000GTのオープンカーを懐かしむ声も見られました。

【画像】「えっ…!」これが新車で買える「2000GT」 です!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 何年前の記事を使うのか

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー