“2.8L直6”搭載! トヨタ「高級2ドアクーペ」実車展示! 今や「800万円級」の “ オジサン世代”が憧れたモテ車「ソアラ」とは?

トヨタ産業技術記念館に展示されていたトヨタ初代「ソアラ」は、一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタ初の高級パーソナルクーペ「ソアラ」とは?

 以前に愛知県名古屋市にあるトヨタ産業技術記念館を訪れた際に、トヨタの高級パーソナルクーペ「ソアラ」が展示されていました。
 
 英語で「最上級グライダー」の意味をもつ同車は一体どのようなクルマなのでしょうか。

トヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカー「ソアラ」とは?(撮影場所:トヨタ産業技術記念館)
トヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカー「ソアラ」とは?(撮影場所:トヨタ産業技術記念館)

 ソアラは、1981年から2005年まで4世代にわたり展開。

 2005年には名称を「レクサス・SC」に変更し、2010年まで販売されていました。

 ソアラは豪華なデザインと先進的な機能で知られており、特に初代はトヨタの初の高級パーソナルクーペとして注目されました。

 初代ソアラのボディサイズは全長4655mm×全幅1690-1695mm×全高1360mm、ホイールベース2660mmのロングノーズ&ショートデッキの2ドアバッククーペのデザインが特徴的。

 機能面ではデジタルスピードメーターやLEDタコメーター、マイコン制御式オートエアコンなど、先進的な機能が多数採用されています。

 最上級グレードの「2800GTリミテッド」には、専用の本皮革バケットシートやテクニクス製オーディオが装備され、特別感を演出。

 パワートレインには、2リッターおよび2.8リッター直列6気筒エンジンがラインナップされ、後にターボ仕様や3リッターエンジンも追加されました。

 初代ソアラの生産が終了してから約40年が経過しましたが、現在でも走行距離が少ない個体が存在し、その価値は高まっています。

 直近では中古車情報サイトで、走行距離が少ない「2800GT」が約800万円で販売されている例もあります。

 その背景には1980年代から2000年代の日本車が海外で大きな人気を博し、中古車市場での価値が高騰していることがあります。

 初代ソアラは今回伺ったトヨタ産業技術記念館などで展示されているほか、トヨタ/レクサス車のサブスクリプションサービス「KINTO」のクラシックカー部門、「Vintage Club by KINTO」では、「ソアラ 2800GTリミテッドエディション(1982年式/AT)」を楽しむこともできます。

【画像】「えっ…!」これが800万円級の「高級2ドアクーペ」です!(50枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー