アンダー200万円から! トヨタ新型「最小ミニバン」登場! 「“新”シエンタ」一体何が変わった?

トヨタがラインナップする最も小さいミニバンが「シエンタ」です。2024年5月に現行モデル初の改良を受けたのですが、一体何が変わったのでしょうか。

現行「シエンタ」初の改良を実施! どこが変わった?

 ホンダ「フリード」の新型モデルが8年ぶりに登場するなど、コンパクトミニバンが注目されていますが、トヨタがラインナップするのが「シエンタ」です。
 
 現行シエンタは2022年8月にフルモデルチェンジした3代目で、ボディサイズは、先代とほぼ同等の全長4260mm×全幅1695mm×全高1695-1715mmと、“トヨタ最小ミニバン”として5ナンバーサイズを維持しています。

トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」
トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」

 デザインには丸みのある「シカクマル」シルエットが取り入れられ、愛嬌のあるスタイリングも特徴のひとつ。

 扱いやすいサイズに両側スライドドアを備え、2列シート5人乗りまたは3列シート7人乗りを用意したほか、豊富なシートアレンジによってさまざまな使い方が可能となっています。

 そんなシエンタですが、現行モデル登場以降、初めての一部改良が2024年5月20日に実施され、同日に発売されました。

 新たなシエンタはボディカラーのラインナップが変更され、モノトーンは、定番カラーの「ブラック」や「ダークグレー」に加えて、新たに「プラチナホワイトパールマイカ」が追加されました。

 そのほかのモノトーンとして、アースカラーの「ベージュ」や、ナチュラルレッドの「スカーレットメタリック」、落ち着いた色味の「グレイッシュブルー」、ブランドカラーの「アーバンカーキ」も設定。全7色が用意されます。

 さらに、ボディとルーフを塗り分けた2トーンカラーも選べます。

 スカーレットメタリックのボディにダークグレールーフの2トーン仕様に加え、アウトドアにマッチする、アーバンカーキのボディとダークグレーのルーフを組み合わせた仕様が新たに選択可能となりました。

“中身”も改良が施されており、10.5インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plusやパノラミックビューモニター、スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)&スタートシステムなど人気のメーカーオプションが、グレードによって標準装備となっています。

 さらに、専用アプリをインストールすることで車両のキーとしてスマートフォンを使用できるデジタルキーや、ハイブリッド車には外部給電アタッチメントが、メーカーオプションとして新設定されました。

※ ※ ※

 コンパクトミニバンとして人気のシエンタとフリードの新型モデルが立て続けに登場したことで、ネットでは両者を比べる投稿が見受けられます。

「巷では新型フリードが話題ですが、シエンタも非常によくできた商品です」「シエンタE-FourとフリードHYBRIDで悩んでる」「シエンタとフリード、どっちがいいのかなぁ?」など、どちらも魅力的なクルマだけに、どちらを購入すべきか熟考する人もいるようです。

 価格(消費税込)は、新型フリードが250万8000円から343万7500円、シエンタが199万5200円から323万4600円と、シエンタのほうが安く設定されています。

【画像】「えっ…!」カッコいい! これが車中泊できる「シエンタ」です! 写真を見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー