えっ!「車検」通らなくなる!? “2026年夏”から始まる「ロービーム検査」って何? “延命処置中“に考えたい対策とは

車検のヘッドライト検査に関し、従来のハイビーム検査に代わり「ロービーム検査」が2026年8月に行われます。当初2024年8月実施のところ2年延期されていますが、クルマユーザーはなにか対応策をとる必要はあるのでしょうか。

ヘッドライト検査方法「延期」に至った経緯とは

 車検の際に行うヘッドライト検査を「ロービーム」で行うことは、2024年8月から開始されるはずでした。しかし自動車整備工場などから多数意見が挙げられたことから、一部地域を除いて開始時期が2026年8月に延期されました。
 
 あくまでも開始時期の延期であり、やがてはロービーム検査になることに変わりはありません。そこで延期になった経緯と新たな経過措置の内容、そしてユーザーとしてできる対策を考えてみます。

「ハイビームだけで車検OK」が不可に! クルマユーザーにはどのような影響があるのか!?[画像はイメージです]
「ハイビームだけで車検OK」が不可に! クルマユーザーにはどのような影響があるのか!?[画像はイメージです]

 2024年5月、今夏8月から車検時のヘッドライト検査をロービームで行っているケースがあると報じられました。

 筆者(くるまのニュースライター 吉越 伏男)はその際に、ロービームで検査不合格になっても、またハイビームで受験して合格しているクルマがあるという事例を見聞きしています。

 しかしその直後に、ロービームによる検査開始時期が、地域により2026年8月に延期されると発表されました。なぜ突然延期になったのでしょうか。

 今回の変更に限らず、国などの新しい施策や改正は、一般的に国会や省庁で決定後すぐに実施されるのではなく、決定からおおむね2年後に施行されます。

 その2年間で関係する人に周知を図ったり、対策できるようにするための一種の猶予期間です。

 今回のロービーム検査への変更は、検査を行う検査場はもちろんのこと、整備工場や自動車ユーザーも利害関係者となります。

 国土交通省と傘下の自動車技術総合機構が周知や意見交換会を実施したところ、ユーザーからさまざまな意見が寄せられたといい、今回の延期につながった模様です。

 まず今回の改正は2023年8月に決定しましたが、制度開始が2024年8月と、猶予期間が1年間しかありませんでした。

 自動車整備事業者には周知されたものの、ユーザーの周知が不十分だった点が課題だったといえます。

 車検の時には、国とユーザーの間に立つ整備工場が対応に苦労するため、整備工場は「国からもユーザーへ周知してほしい」との声を上げました。

 また整備工場からは、いくつかの対応が困難だった例が挙げられています。

 一つ目は、レンズを磨くだけでは合格状態にならないことです。

 これは、ライトレンズが曇ってしまった古いクルマのユーザーなら経験されたことがあるかもしれません。

 二つ目に、オートハイビームのクルマは角度の調整が困難であることです。

 車種によっては、これまでのクルマのようにヘッドライトの角度をねじの調整では出来なくなっているようです。

 さらに三つ目として、検査合格レベルが高いということです。

 なかには新車ですら不合格になったケースもあり、事前に整備工場のヘッドライト検査機器で調整しても検査場では不合格になったことがある、といった意見が寄せられたといいます。

 また一部のクルマでは、ロービーム状態でヘッドライトの向きを合わせた場合、ハイビームの時にまぶしく感じられる例もありました。

 四つ目に、古いクルマの場合にはヘッドライトの部品がなかったり、あっても部品代が10万円以上になることが多いことです。

 市場にはまだまだ古いクルマも多く、ユーザーに対して何らかの救済処置を望む声も挙げられました。

 こうしたさまざまな声が数多く発生したために、ロービーム検査への完全移行時期が延期される措置が決まったようです。

【画像】「えっ…!」これが「黄ばみすぎライト」を「“削ってみた”結果」です! 画像で見る(19枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3 4

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー