スズキ「斬新“タフ仕様”軽トラ」実車公開! 超カッコイイ「精悍“黒”顔」&「専用カスタム」! 新「スーパーキャリイ」アウトドアショーに出展

2024年6月28日から30日まで幕張メッセで開催の「TOKYO OUTDOOR SHOW2024」に、スズキは軽トラックのカスタム仕様「スーパーキャリイ Xリミテッド」を出展しました。アウトドアテイストを加え、グッと精悍さを増した軽トラを紹介します。

軽トラの荷台がアウトドアの「オシャレ空間」に!?

 スズキは2024年6月28日から30日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催のアウトドアイベント「TOKYO OUTDOOR SHOW(トウキョウアウトドアショー)2024」に3台のスズキ車を出展しました。
 
 そのうちの1台が、2023年12月に登場した軽トラック「スーパーキャリイ」のカスタム仕様「Xリミテッド」です。どのようなクルマなのでしょうか。

純正なのにめちゃカッコいい!スズキ「精悍すぎる軽トラ」がアウトドアショーに登場!
純正なのにめちゃカッコいい!スズキ「精悍すぎる軽トラ」がアウトドアショーに登場!

 1961年に販売を開始して以来、長年にわたって軽トラックのロングセラーモデルとして君臨し続けているのがキャリイです。

 普段使いに十分な走行性能と扱いやすさ、耐久性などが評価され、農業や商業などさまざまな分野で使われています。

 現行モデルは2013年に14年ぶりの刷新をおこなった11代目。車体レイアウトを全面的に見直し、発表当時でクラストップの荷台フロア長を維持しながら居住空間も拡大し、快適なキャビンとしたのが特徴です。

 また新エンジン搭載や軽量化などで燃費も向上しています。

 そして2018年には、キャビン後方空間を延長し室内空間を拡大したスーパーキャリイが追加されました。

 このスーパーキャリイに2023年11月に設定された特別仕様車が、スーパーキャリイ Xリミテッドです。

 専用デカールの追加に加え、メッキ部分、ホイール、ドアミラー、ドアハンドルなどをブラック化し、タフで精悍なイメージを高めました。

 ボディカラーも、アウトドアテイストを強調したアースカラーを中心とした全5色を用意します。

 TOKYO OUTDOOR SHOW2024会場には「モスグレーメタリック」のXリミテッドを展示。荷台にはスズキ純正の「ジムニー」ロゴマスコットのサイが描かれたブランケットが敷かれ、同じく純正アクセサリーの折りたたみ式テント「軽テン」と共に、アウトドアでくつろげる空間が誕生していました。

 なお会場ではスーパーキャリイのほか、2023年11月にフルモデルチェンジした軽スーパーハイトワゴン「スペーシア HYBRID X」と、そのスペーシアのコンセプトモデルとして、ファミリーキャンプの世界観を表現したコンセプトモデル「スペーシア パパボクキッチン」(参考出品車)が同時に出展されました。

※ ※ ※

 2024年4月、スズキはキャリイシリーズのキャリイ、スーパーキャリイ、キャリイ特装車に仕様変更を実施しています。

 まず全モデル共通で、後方誤発進抑制機能に「ブレーキ制御機能」を追加し安全性を向上。またキャリイとスーパーキャリイには「スズキ セーフティ サポート」を標準設定しました。

 電波式キーレスエントリーやパワードアロック、パワーウインドウも全車標準装備としたほか、5速MT車には停車時アイドリングストップシステムを搭載し、燃費性能の向上も図っています。

 さらに「キャリイ KX」「スーパーキャリイ X」には、LEDヘッドランプを標準装備化し、同2車種とXリミテッドには電動格納式リモコンドアミラーを採用するなど、利便性も向上しています。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ「“精悍”軽トラ」を画像で見る(30枚以上)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー