クーペもアリ!? ダイハツ「新型コンパクトスポーツ」!? 鮮烈レッドボディのダイハツ「次期型コペン」を大胆予想! “めちゃ現実的なCG”公開に反響の声も

ダイハツの人気の軽スポーツカー「コペン」。東京モビリティショー2023では新型「ビジョン・コペン」が発表されました。そんななかTheo throttle氏は、この新型ビジョン・コペンの市販モデルを予想したレンダリングをSNSに投稿。これについて反響が集まっています。

大胆予想した「次期型コペンCG」に反響の声も

 2002年にデビューしたダイハツの軽スポーツカー「コペン」。2023年10月に開催された東京モビリティショー2023では“次期型コペン”ともいうべき「VISION COPEN(ビジョン・コペン)」が発表されました。

 そんななか、クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏は、「ビジョン・コペン」の市販モデルを予想し、そのレンダリングを投稿しました。これについてユーザーから反響も寄せられています。

クーペもほしい!? ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」の市販版予測CG(Photo:Theo throttle)
クーペもほしい!? ダイハツ新型「ヴィジョンコペン」の市販版予測CG(Photo:Theo throttle)

 初代コペンは、軽自動車のスポーティーなオープンカーとして2002年に登場。愛らしいデザインやMT車として走りも楽しめるモデルです。

 その後マイナーチェンジや限定モデルの発表などを繰り返すも、2012年には生産を終了。しかし2年後の2014年に2代目コペンが登場しました。

 2代目コペンは「感動の走行性能」「自分らしさを表現できるクルマ」をコンセプトに掲げ、初代の可愛らしさからは一変し、シャープなヘッドライトなどよりスタイリッシュさを感じられるデザインへと進化しました。

 また2代目には通常モデルのほか、初代の可愛らしさを彷彿とさせるタイプやSUVタイプ、さらに2019年には、TOYOTA GAZOO Racingがチューニングした「GR SPORT」も設定されるなど、幅広いラインナップを展開しています。

 2023年10月に開催された東京モビリティショー2023では、2ドアオープンカーのコンセプトモデルであるビジョン コペンが初お披露目されました。

「コペン」の名称が用いられた通り、2002年登場の2ドア軽オープンカー「コペン」の要素を残しつつ、新たにスポーツの領域を狙ったものだといいます。

 初お披露目された当時、ユーザーから市販化を求める声も多く寄せられていたビジョンコペンですが、そんななかTheo throttle氏は新型ビジョン・コペンの市販モデルを予想したレンダリングを作成し、SNSに投稿しました。

 レンダリングでは、灯火類やホイールを市販モデルとして現実的な形に落とし込むほか、オープンモデルだけでなく、クーペモデルも描いています。

 こちらは新型ビジョン・コペンの持つ丸みを帯びたデザインはそのままに、ルーフを自然な形で適合させています。

 これを見たユーザーからも「かっこいい!」「クーペもありだね」「市販化お願いしたいな〜」など、さまざまな反響が寄せられていました。

※ ※ ※

 Theo throttle氏の製作したレンダリングは、もちろん非現実的なものですが、細部までしっかりと描かれており、その本気度が伝わってきます。

 果たして今後新型ビジョンコペンは市販化されるのか、期待は膨らむばかりです。

【画像】超カッコイイ! ”軽規格超え”の「新型コペン!?」を 画像で見る(37枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 最近の車は遊び心がなさすぎる。コペンクーペを出すなら、スパーカー時代の定番。リトラクタブルヘッドライト、ガルウイングドアかシザードア(シザーズドア)で出たら即購入しますよ。是非ともどれか復活もしくは実現してもらいたいものです。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー