トヨタ新型「カローラ“FX”」公開! 純正ローダウン&ド迫力「リアスポ」採用! レトロで“スポーティ”な「スペシャルエディション」! アメリカに登場した「新セダン」どんなモデル?

2024年6月5日、トヨタの米国法人は「カローラ」の特別仕様車「FXスペシャルエディション」を発表しました。ある旧車に敬意を表したモデルだといいますが、どのようなクルマなのでしょうか。

レトロでスポーティな“新カローラ”

 日本のみならず、多くの国と地域で販売されているベストセラーモデルのトヨタ「カローラ」。そんなカローラの主要販売国のひとつである米国市場から、2025年モデルに「カローラFX スペシャルエディション」が追加されるというニュースが発表されました。

旧車に敬意を示した「「カローラFX スペシャルエディション」」
旧車に敬意を示した「「カローラFX スペシャルエディション」」

 カローラFX スペシャルエディションは、1987年に米国で登場した「カローラFX16」に敬意を表したモデルとされています。

 このカローラFX16とは、日本で販売されていたハッチバックモデルのカローラFXのGT系(4A-G型エンジン搭載車)に近いものとなっています。

 日本でのカローラFXは1984年10月に5代目カローラの派生車種として登場しており、当時人気を集めていたシビックやCR-Xに対抗するモデルとして、FF2ボックス車(3ドアおよび5ドアハッチバック)として投入されたもの。

 当時は後輪駆動のAE86型カローラレビンも販売されていましたが、それと併売される形でトップグレードのGTにはスポーツツインカムエンジンの4A-G型を搭載。

 このモデルは2ボックスタイプのハッチバック車としては日本で初めてDOHCエンジンを搭載したモデルとしても知られています。

 そんなカローラFXに敬意を表したカローラFX スペシャルエディションは、セダンのSEグレードをベースとし、大型リアスポイラーや切削加工がアクセントとなったサテンブラック仕上げの18インチアルミホイールを装着。

 さらに専用のローダウンスプリングを装着して車高を下げ、専用チューニングが施された電動パワーステアリングと相まってスポーティな走りを実現しています。

 またパワートレインは日本仕様のカローラにはラインナップされていない、169馬力を発生させる2リッターのダイナミックフォースエンジンを搭載しますが、実は日本仕様と米国仕様のカローラとでは、全幅などのボディサイズが異なっており(米国仕様の方が大きい)、それも相まってよりスポーティな印象を与えてくれているのです。

 ボディカラーはミッドナイトブラックメタリック(日本名アティチュードブラックマイカ)とアイスキャップ(日本名スーパーホワイト)、アンダーグラウンド(日本名ダークグレー)の3色が用意され、アイスキャップとアンダーグラウンドの2色はミッドナイトブラックメタリックのルーフを持つ2トーンカラーとなり、インテリアにはオレンジのステッチが備わるほか、10.5インチのディスプレイオーディオも標準となるとのこと。

 カローラFX スペシャルエディションは、2024年秋ごろにリリースされるとされており、詳細や価格、2025年モデルのカローラシリーズについては今年の後半に発表されるとされています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「カローラ”FX”」を画像で見る(39枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー