マツダ新型「“ガチガチ”モデル」登場!? 6速MTのみで約300万円に「めちゃ買い得」の声も! “スポコン”マシン「ロードスター NR-A」に反響集まる

マツダの「ロードスター」には、モータースポーツ専用グレード「NR-A」が存在しています。2024年1月に一部改良された新型NR-Aに対し、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

モータースポーツに参戦しなくても「欲しい」の声も

 長年にわたり世界中のユーザーから愛され続けているマツダのオープン2シータースポーツカー「ロードスター」ですが、モータースポーツ専用グレード「NR-A」も用意されており、走りを楽しむユーザーから根強い支持を集めています。
 
 そんな通好みなグレードのNR-Aに対し、SNSなどではさまざまな声が集まっています。

ロードスターを純粋に楽しむなら「NR-A」しかない!?
ロードスターを純粋に楽しむなら「NR-A」しかない!?

 NR-Aは、ロードスターのワンメイクレースであるパーティレースに参戦することを目的に生まれたグレードです。

 現行の前の前となる、第2世代の通称「NB型」ロードスターの時代、2002年より開催されたナンバー付きのJAF公式戦「ロードスター・パーティレース」のための車両として2001年12月より発売が開始されました。

 そして、先代「NC型」、現行の「ND型」になってもロードスター・パーティレースは続いており、その参加車両であるNR-Aグレードは各時代のロードスターに用意されています。

 NR-Aの特徴は大きく2点で、ひとつはサーキット走行を前提に冷却系や足回りなどが強化されている点です。

 したがってNR-Aを手に入れさえすれば、ロールバー、バケットシート、5点式シートベルトなど最小限度のカスタムでサーキットのレースに参加できます。

 第2の特徴は、豪華&快適装備が省かれており、その分だけ車両価格が割安になっている点です。

 ロードスターのエントリーグレード「S」(289万8500円)に対して、NR-A(306万4600円)はラジエターの大容量化、前後ブレーキのローターの大径化、駆動系の強化(PPF、ドライブシャフト、デフケース)、アシンメトリックLSDの追加、車高調整式ビルシュタインダンパー装着、ボディ強化(フロントサスタワーバー、トンネルブレースバー)、リアスタビライザー追加など多くの追加装備や仕様変更がありながら、価格差は16万6100円しかありません。

 また2024年1月に実施された大幅年次改良により、電子系プラットフォームを一新したことで、アクセル・レスポンスが向上。パワーステアリング系も新しくして抵抗を低減。より自然なハンドリング・フィールを手に入れています。

 また、進化したアシンメトリックLSDを採用したことで、コーナー入り口でのターンインの安定性がアップ。横滑り防止装置である「DSC」に、サーキット走行専用にチューニングしたモード「DSCトラック」を追加したことで、サーキット走行がより楽しく、より安全に走れるようになっています。

 ただし改良された新しいNR-Aに対し、かつて同モデルでモータースポーツに参戦していた経験を持つモータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏は、不満があると話します。

「高速道路でのいわゆるACC(全車速追従機能)である『マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール』がNR-Aグレードに設定できないのは唯一の不満点です」

 1月の一部改良で、他のグレードに設定されたACCですが、早朝から郊外のサーキットへ自走で向かうユーザーにとって、こうした快適装備も欠かせないものだといい、ユーザーからマツダに対しそうした不満の声もあがっているといいます。

 2024年5月に開催されたロードスターのファン・イベント「軽井沢ミーティング」で、ロードスターの主査である齋藤氏も、今回の改良の反省点にACCの不備を挙げていたことから、今後の改良で追加される可能性もあるかもしれません。

※ ※ ※

 そんな新型NR-Aに対し、SNSなどでは多くの反響が寄せられています。

 多かったのは「ロードスターのベストチョイスでは」「実は狙ってます」「欲しい装備だけが載ってて買い得感高いと思う」「サーキットはいかないけどこれがいい」と、NR-Aを高く評価するマツダファンの声でした。

 なおロードスターファンのあいだでは、先進運転支援機能に関しては「ACCがあると確かに助かる」「普段づかいのシーンは自動ブレーキはやはりありがたい」という肯定派と、「サーキットでバンパーぶつけただけで高くつきそう」「より素の仕様のほうが軽くてイイ」などと意見が分かれているようです。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「新型NR-A」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー