トヨタ新型「カローラ」いつ登場!? 新パワートレイン搭載で「めちゃ燃費アップ」も? デビュー6年目の「超人気セダン&ワゴン」次期型どうなるのか

日本を代表するモデルであるトヨタ「カローラ」。現行型は2018年に登場しており、そろそろ次期型の登場も期待したい時期に。果たして新型カローラはどのようなクルマになるのでしょうか。

電動化の波は避けられないが「コストアップ」はどうする!?

 世界累計販売台数はなんと5000万台。34秒に1台が売れている(トヨタ調べ:1966年11月の初代カローラ発売から2021年7月までの累計秒数をもとに計算)という、まさに日本を代表するモデルであるトヨタ「カローラ」。
 
 世界150カ国以上で販売されているカローラは、セダンやワゴンのほか、ハッチバック、SUVと、多種多様な形で販売されてきました。国によっては車幅を拡げるなどの応用もしながら、50年以上にわたって愛され続けています。

 そんなカローラも、2018年のデビュー(カローラスポーツ)から早や6年が経っており、そろそろ次期型のウワサが聞こえてもよい頃。カローラは次期型でどのようなモデルとなるのか、予想してみました。

トヨタの主力車種「カローラ」はどうなっていくのか[写真は新型「カローラ ACTIVE SPORT」]
トヨタの主力車種「カローラ」はどうなっていくのか[写真は新型「カローラ ACTIVE SPORT」]

 2024年1月から5月の登録車台数ランキングの1位はカローラでした。

 カローラの登録車台数はカローラ(セダン)、「カローラスポーツ」「GRカローラ」(ハッチバック)、「カローラツーリング」(ワゴン)、「カローラクロス」(SUV)の5車種に加えて、継続販売されている先代の「カローラアクシオ」(セダン)と「カローラフィールダー」(ワゴン)の2車種を加えた7タイプの合算値ですが、合計台数だとしても、これほどの台数が売れ続けているのは凄いことです。

 そんなカローラの次期型モデルにおいて一番の関心事は、やはりパワートレインでしょう。

 現行カローラにもハイブリッド車は用意されていますが、プリウスやアクアのように全グレードがハイブリッドになるのかが注目ポイント。

 しかしハイブリッド化の最大の関門は、価格上昇です。既存のハイブリッド技術(THS II)を搭載すると、ガソリン車に対しておおよそ30~40万円は価格がアップしてしまいます。

 安いガソリンモデルなら200万円程(アクシオやフィールダーは160万円から)で購入できるカローラにとって、全グレードがこの価格アップを許容できるとは思えず、また様々な国で販売されるカローラは、すべてがEV(電気自動車)になるのも現実的ではありません。

 そこで考えられるのが、次世代エンジンです。

【6番目文言】 【画像】めちゃ“スポーティ”! トヨタ「新型カローラ」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー