日産「小さな高級SUV」実車登場! 約3年ぶり「顔面刷新」で“大胆デザイン“に進化! 豪華内装もイイ「ノート オーテッククロスオーバー」が展示中

日産は横浜市内の本社ギャラリーで、2024年5月末からコンパクトカー「ノート」をベースとしたカスタムカー「AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)」を実車展示しています。

日産「ノート オーテック クロスオーバー」

 日産のコンパクトカー「ノート」をベースとしたカスタムカー「AUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)」が、日産グローバル本社ギャラリー(横浜市西区)で2024年5月末から展示されています。
 
 いったいどのようなクルマなのでしょうか。

新型「ノート AUTECH クロスオーバー」
新型「ノート AUTECH クロスオーバー」

「ノート」といえば、2005年に初代モデルが登場した主力コンパクトカー。コンパクトなボディに1.5リッターエンジンが搭載され、キビキビとした爽快で快適な走りが魅力で、発売から20年経っても人気のロングセラーとなっています。

 ノートの現行モデルは、2020年登場の3代目です。デザインが刷新され、Vモーショングリルが進化し、ヘッドランプは薄型化してグリルと一体となるなど、イメージ刷新ともいうべき大掛かりなデザイン変更になっています。また全車がe-POWER(ハイブリッド)となったほか、上位車種「ノート オーラ」などの派生モデルが展開されたのもこの時です。

 さて、その派生モデルのひとつ「ノート オーテック クロスオーバー」は2021年10月に登場。日産の関連会社である日産モータースポーツ&カスタマイズが展開するオーテックブランドのコンセプト「プレミアムスポーティ」のテイストを融合した、ブランド初のコンパクトクロスオーバーモデルです。

 オーテックブランドに共通するスポーティで高級感漂うスタイリングが特徴。それだけでなくSUVの機能やスタイルを兼ね備えており、専用のサスペンションや体系の大径化により地上高が25mm拡張され、不整地などの悪路にも対応した走りが可能になっています。

 その「オーテック クロスオーバー」ですが、5月末にマイナーチェンジが発表されました。

 まず外観デザインが一新。フロント、リヤともに新たに専用デザインのプロテクターを装着し、ブラックのサイドシルプロテクターやホイールアーチガーニッシュがあしらわれています。またルーフモールをシルバー化することで、SUVらしいスタイルがさらに強調されています。

 また専用シグネチャーLEDは「航跡波」をモチーフにしています。これはボート後方に生じる波のパターンで、オーテックブランド発祥の地である湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたとしています。

 ボディカラーは、新設定の「サンライズカッパー&スーパーブラック」が登場。オーテック クロスオーバー専用カラーが採用されています。またベース車の新色「ターコイズ」とあわせ全8色のカラーバリエーションになっています。

 なお、新型ノート AUTECH クロスオーバーの価格は2WDが275万6600円、4WDが306万3500円です。(消費税込)

 新たな「ノート オーテック クロスオーバー」の発売は、9月を予定しています。

 日産グローバル本社ギャラリーでの展示は、7月4日までとなっています。

【画像】超カッコイイ! 日産「新型ノートSUV」を画像で見る(61枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー