380馬力!? 日野の新型「大型トラック」発表! 左折巻き込み&車線変更警報も標準装備 「ノビノビ室内」なハイルーフ仕様も

日野自動車が2024年6月6日、大型トラック「日野プロフィア」「日野プロフィア ハイブリッド」の一部改良モデルを発表。同日付けで発売しました。

一部改良モデルで巻き込み警報など拡充

 日野自動車は2024年6月6日、大型トラック「日野プロフィア」「日野プロフィア ハイブリッド」の一部改良モデルを発売しました。
 
 いったいどんなクルマなのでしょうか。

大型トラック「プロフィア」
大型トラック「プロフィア」

 大型トラック「プロフィア」は、1981年に登場した「スーパードルフィン」が1992年にモデルチェンジした際に追加された車種名で、2003年から現行の車種名となっています。

 カーゴ、トラクター、ダンプ・ミキサーと各種用途に対応する10トントラックで、キャブもローキャブ、ハイキャブ、ハイキャブ(ハイルーフエアスポイラー付き)が展開。さらに1軸と2軸が選択できます。総重量は最大27.7トンです。

 ボディサイズはダンプ・ミキサータイプで、全長9280mm×全幅2490mm×全高3400mm、ホイールベースは5550mmです。

 8.9リッター直列6気筒エンジンを搭載し、最大出力380馬力、最大トルク1765Nmを発揮します(同タイプの場合)。

 トラックドライバーの快適性を各所で追求しているのも特徴。ギアセレクターやパーキングブレーキレバーをインパネで操作できるようにしてコンソール周りをスッキリさせ(プロシフト仕様)、さらにハイルーフによって立ち上がりやすくなり、キャブ室内の移動がスムーズになっています。

 シートは人間工学に基づいて安定した着座姿勢を支え、有効クッション長も伸ばし、疲れを軽減します。また各種スイッチの配置も、操作シーンを配慮して設計されています。

 安全装備もドライバー異常時対応システム(EDSS)やレーンキーピングアシスト、衝突被害軽減ブレーキシステム、サイトアラウンドモニターシステムを備えています。

 今回の一部改良では、サイトアラウンドモニターシステムが強化され、左折時に通常は見えにくい左側方の移動物を検知する「左折巻き込み警報」や、車線変更時にミラーでは確認しにくい左右側方の移動物を検知する「車線変更警報」を新しく標準装備として追加。

 また時間・距離・速度の記録に特化した小型でシンプルなデジタルタコグラフ、バックカメラ・モニターも新たに標準装備されています。また、変則制御もさらに最適化されています(プロシフト12搭載車)。

【画像】超カッコイイ! これが日野の「”新型”大型トラック」です(23枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. セミトレじゃあるまいし、1軸2軸から選べるって何よ?トラックをもっとよく理解してから記事を書いてほしいな。内容の信憑性がガタ落ちですよね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー