650馬力の「ハイパフォーマンスモデル」発売! ドリフトも余裕な「IONIQ 5 N」とは? 今秋には専用パーツも展開へ

ヒョンデは、新型「IONIQ 5 N」を2024年6月5日に発売しました。どのようなクルマなのでしょうか。

「Hyundai N Day 」に新型「IONIQ 5 N」登場!

 2024年6月5日にヒョンデは、「Hyundai N Day | IONIQ 5 N Japan Premier」を開催しました。
 
 そこでは同日から正式発売された新型「IONIQ 5 N」の展示や、今後の展開が明かされています。

ヒョンデの新型「IONIQ 5 N」が正式発売された
ヒョンデの新型「IONIQ 5 N」が正式発売された

 今回のイベントは、Hyundai Customer Experience Center横浜にて行われました。

 ここは、ユーザーとコミュニティのためにヒョンデのクリーンモビリティを体験する場所です。

 これまで販売されてきた「IONIQ 5」や「KONA」、「NEXO」の展示や拠点周辺の試乗体験や急速充電、ラウンジ、メンテナンスなど様々なコトが出来る施設となっています。

 今回はそのメンテナンスエリアをイベント会場とし、Hyundai N Dayを開催。

 イベントには、ヒョンデモビリティジャパンの趙源祥代表取締役・CEOや、N ブランド事業戦略チームのJayson Park氏、佐藤健シニアプロダクトスペシャリストが登壇。

 日本では2023年秋の「ラリージャパン2023」で披露されてからのNの取り組みや、Nブランドの概要、そして今回のIONIQ 5 Nの詳細が説明されました。

 その中で趙源祥CEOは次のように述べています。

「日本のEV市場は、世界的に見ると非常に緩やかではありますが、年々着実に成長を続けています。

 今まで様々なタイプのEVが誕生してきました。そして我々も2022年にIONIQ 5とNEXOで市場に再参入し、2023年にはKONAを発売。そして今日IONIQ 5 Nを市場に導入します。

 これからも多くのEVが生まれてくることでしょう。我々は自動車会社です。

 2022年、23年と世界第3位の自動車メーカーになるまで成長してきました。

 そんな自動車会社が、自動車会社だからこそお届けすることができる、モーターがもたらすハイパワーだけではない本当のハイパフォーマンスとはなんなのか。 IONIQ 5 Nはその答えの1つだと思います」

「Hyundai N Day | IONIQ 5 N Japan Premier」に登壇するヒョンデモビリティジャパンの趙源祥代表取締役・CEO
「Hyundai N Day | IONIQ 5 N Japan Premier」に登壇するヒョンデモビリティジャパンの趙源祥代表取締役・CEO

 また今後の取り組みとして、オートバックスセブンの堀井勇吾代表取締役社長も登壇。

 堀井勇吾社長によれば、Nモータースポーツの取り組みのひとつとなるN Performance Partsをオートバックス店舗を通して、2024年秋から展開すると明かしました。

 またオートバックス独自にIONIQ 5 N用のカスタマイズパーツを有名チューニングメーカーと一緒に開発を進めていき、東京オートサロン2025で披露することも発表しています。

 では、IONIQ 5 Nとはどのようなクルマなのでしょうか。

「Nブランド」のNは、R&D拠点の所在地の韓国・南陽(ナムヤン)と、開発テストの舞台であるドイツ・ニュルブルクリンクに由来すします。

 ブランドコンセプトは「Corner Rascal」(コーナーリング性能)、「Racetrack Capability」(サーキットを本気で走れる能力)、「Everyday Sportscar」(日常もドライビングを愉しむ)を柱として、これまで様々なNモデルをグローバルで展開してきました。

 今回のIONIQ 5 Nは、Nブランド初のEVで「2024年ワールド・パフォーマンス・カー・アワード」を受賞するなど世界中から高い評価を受けています。

 ボディサイズは全長4715mm×全幅1940mm×全高1625mm、ホイールベース3000m。

 デザインは、N専用のフロントバンパー、ホイールアーチモールディング/ エアカーテン 、リアバンパー&ディフューザーを装着。インテリアにもN専用のレザーステアリングホイール、センターコンソールを採用しました。

Hyundai Customer Experience Center横浜の様子(上)・「Hyundai N Day | IONIQ 5 N Japan Premier」の様子(下)
Hyundai Customer Experience Center横浜の様子(上)・「Hyundai N Day | IONIQ 5 N Japan Premier」の様子(下)

 パワーユニットには最高出力478kW(650PS)を発揮する高性能デュアル駆動モーターに84kWh大容量バッテリーを搭載。

 これにより最高速度は260km/h、一充電航続距離(WLTCモード)で561kmです。

 さらにN専用となる電子制御サスペンション(ECS)や高性能ブレーキ/ N Brake Regen(NBR/回生ブレーキ)、そしてN Corner Carving Differential(e-LSD)を搭載することで、Nブランドらしいハイパフォーマンスな走りを体現します。

 その他、クローズドコースなどでドリフト走行をスムーズに行うための「N Drift Optimizer(Torque Kick機能付き)」やボタンひとつで10秒間だけ最大パフォーマンスを発揮する「N Grin Boost」を備えるなど、クルマ好きの心を掴む機能も満載です。

 そんなIONIQ 5 Nの価格は1グレードのみとなり、858万円となっています。

【画像】めちゃめちゃスゴい! 「IONIQ 5N」の画像を見る!(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー