“本当”に超カッコイイ! 新型「2ドアクーペ」初公開! 斬新ドアハンドル&流麗デザインがたまらない“Z8”な「スカイトップ」伊に登場

BMWグループは2024年5月24日、新型「BMWコンセプト スカイトップ」(以下スカイトップ)を公開しました。どのようなクルマなのでしょうか。

次期型Z8…じゃないの? 新型「BMWコンセプト スカイトップ」

 BMWグループは2024年5月24日、イタリアで開催されたヒストリックカーの祭典に出展し、2シーターオープンモデルのデザインスタディ新型「BMWコンセプト スカイトップ」(以下スカイトップ)を発表しました。

 スカイトップは、美しさとダイナミズムを高次元で融合させた次世代グランドツアラーです。ルーフを2分割で脱着できるのが特徴となっています。

マジでカッコイイ! 新型「スカイトップ」
マジでカッコイイ! 新型「スカイトップ」

 車格は現在のラインナップで例えると「8シリーズ カブリオレ」あたりだと思われますが、スカイトップには後席がなく、そのキャラクターを踏まえると、伝説的な「Z8」(2000~2003年)が最も近い存在だとメーカーは説明しています。

 デザインは、ボディ先端が突き出たような「シャークノーズ」、ダイナミックな流れを印象付けるサイドのプレスライン、彫刻のようにひとつの塊から削り出した印象の造形美が特徴。後席の背後にあるロールバーは、クォーターピラーと一体化されており、表面をルーフと同様、レザーで仕上げています。

 外したルーフはラゲッジスペースの専用コンパートメントに収納可能。ドアパネル後端上部に少し突き出した部分はドアハンドルになっています。

 カラーリングもスカイトップの見どころのひとつです。

 ルーフ、ロールバー、ラゲッジ部にかけてほどこされた赤みがかったブラウン系のカラーをインテリアにも採用。ルーフの開閉に関係なく、エクステリアとインテリアのシームレスなつながりを視覚的に実現しています。

 また真上から見ると、ラゲッジがグラデーションになっているところも新しさを感じさせます。

 スカイトップは、BMWが未来に向けたデザインの方向性を検討するために製作されたスタディモデルであるため、この状態のまま市販化される可能性は高くありませんが、フロントやリアのデザインイメージなどについては今後登場する新型車に展開されていくかもしれません。

【画像】超カッコイイ! 新型「2ドアクーペ」を画像で見る(30枚)(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー