トヨタ「“SUV”バン」登場! もはや懐かしい「旧車顔」! 車高アゲ&オシャ内装がカッコイイ「“プレイ”ボックス」公開

アウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2024」にレトロな雰囲気のSUV風ライトバンが出展され、来場者の注目を集めていました。一体どのようなクルマなのでしょうか。

1970年代の「旧車」風マスクが一周まわって「カッコイイ」存在に

 2024年5月18日から19日にAICHI SKY EXPO(愛知県常滑市)で開催されたアウトドアイベント「FIELDSTYLE JAPAN 2024」では、キャンプやオフロードを楽しめそうなクルマが全国各地から集まりました。
 
 その中でも、魅力たっぷりなトヨタ「プロボックス」のカスタムカーを展示していたのが、カーショップ「ARMTH(アームス)」です。どのようなクルマなのでしょうか。

引っ込んだヘッドライトが1970年代の商用車感たっぷり! めちゃ懐かしい「PLAY-BOX」の正体とは!?
引っ込んだヘッドライトが1970年代の商用車感たっぷり! めちゃ懐かしい「PLAY-BOX」の正体とは!?

 アームスは岐阜県本巣市で営業しているカーショップ。新車・中古車をベースにしたコンプリートカー製作や各種自カスタマイズパーツの販売・卸しなどを行っています。

 今回展示していたのは、真っ黒な「プロボックス」。しかし、街でよく見る商用バンのプロボックスとは外観も車内も大きく異なっています。

 その名も「PLAY-BOX(プレイボックス)」。ウサギの耳を模したロゴも有名な男性向け雑誌を思わせるテイストとするなど、全体に遊び心があふれています。

 まずプレイボックスのフロントフェイスで印象的なのは、角目のヘッドライトとオリジナルのグリル、そして正面に大きく張り出したバンパーでしょう。

 1970年代の国産小型車、しかも廉価グレードあるいは商用バン仕様といった感じのそっけない雰囲気で、メッキ仕上げの四角いバンパーとの組み合わせにより、とても懐かしい“昭和”の雰囲気をかもし出していました。

 一方で、バンパーの下には無骨なバンパーガードを備えたほか、ボディサイドのオーバーフェンダーや車高のリフトアップ、ルーフラックなどと共にタフなSUVテイストをかもし出しているのはイマドキなテイストで、非常にオシャレな仕上がりとなっています。

 そして、インテリアにはアームスオリジナルの「木製リアカーゴシステムキット」を備えています。

 木製のカーゴラックやロッドホルダー、テーブルなどがセットになっていますが、国内の木工職人がハンドメイドで作り上げているといいます。

 展示車両には天井に釣り竿が、壁面のボードにはルアーがそれぞれ連なるなど、大人の秘密基地のような空間になっていました。

 また会場のスタッフに話を聞いたところ、このプロボックスには独自の防音断熱加工が施されているといいます。

 その効果は大きいといい「ルーフの雨音やオフロード走行時の音がかなり小さくなる」と話していました。

 なおアームスによると、プレイボックスは「フェイスチェンジキット」としてパーツ販売されるほか、新車をベースにしたコンプリートカーとしても売られるといいます。

※ ※ ※

 レトロな外観や秘密基地のような内装に興味をひかれたのか、会場では年配の男性や家族連れの父親などが熱心にプレイボックスを眺めていました。

 実用性も高いクルマだけに、ファミリーユーザーにも魅力に映ることでしょう。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「“旧車顔”ライトバン」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. また「オシャ」。オシャレのレの字を取るだけでカッコいい言葉だと思ってる? ダサ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー