「炎天下」の車内に“放置”は厳禁! 爆発や火災の危険性も!? うっかり「置きっぱなし」だとヤバイ物とは?

2024年も夏が近づき、気温の高い日が続いています。このような時期は、車内に置かれた物が高温によって悪影響を受け、ときには危険な事態を招く可能性もあります。

プラスチック製品は溶ける恐れあり!

 2024年も夏が近づき、ゴールデンウィークには日本各地で30度を超える真夏日も記録されるなど、気温の高い日が続いています。
 
 このような時期は屋外にクルマを停めておくと、車内温度が50度を超える高温になることも珍しくなく、車内に置かれた道具に悪影響を及ぼす可能性も出てきます。
 
 では、とくに車内に置きっぱなしにしない方が良いのは、一体どのような物なのでしょうか。

水が入った「ペットボトル」も危険!
水が入った「ペットボトル」も危険!

 車内に置きっぱなしにするべきでないアイテムとして、まず挙げられるのが「サングラス」です。

 フレームが鉄やスチールの場合は火傷するほど熱くなるほか、プラスチック製のフレームのものは熱で変形しやすく、とくに高温になるダッシュボードに置いていた場合は溶けることもあるため、注意が必要です。

 同じ理由で、サングラスに限らずプラスチック製品は車内に置きっぱなしにしない方が良いでしょう。

 また、「スプレー缶」もクルマに置いておくと危険なアイテムです。

 フロントガラスの曇り止めや、車内用の消臭剤をクルマに積んでいる人もいますが、スプレー缶が高温に熱されると中のガスが膨張し、破裂する可能性があるため非常に危険です。

 もちろんカセットコンロ用のガス缶も高温にさらされると破裂・爆発するため危険。

「使い捨てライター」も、内封されている可燃性の高圧ガスが膨張して爆発するかもしれません。

 実は「乾電池」も、高温にさらされると発火する可能性があります。

 例えば、使い終わった電池をダッシュボードの中に入れっぱなしにしているような人は、本格的な夏が来る前に取り出し適切に廃棄することを忘れないでください。

【画像】「えっ…!」これが車内に放置すると「危険なモノ」です!(12枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー