スズキ「新型軽バン」実車展示! オシャな「デニムブルー」×精悍ライトがカッコイイ! 快速ターボ搭載の「新型エブリイ」登場

スズキは「ジャパントラックショー2024」に改良モデルの新型「エブリイ」を実車展示しました。

新色ブルーのターボモデルが登場 効率UPの「最新デバイス」も搭載

 スズキは2024年5月9日から3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催の「ジャパントラックショー2024」にブース出展を行いました。
 
 同社のブースでは2024年2月に発表された改良型の「エブリイ」も展示されています。

精悍になった「エブリイ」登場
精悍になった「エブリイ」登場

 エブリイシリーズは1982年に登場した軽商用バンです。すでに販売されていた軽商用車シリーズ「キャリイ」のうち、キャブオーバーバンモデルが独立して誕生しました。

 現行型は6代目で、2015年2月に登場。クラストップの荷室サイズや低燃費性能を実現したほか、クラス初の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」を採用するなど、安全性能も高めています。

 ラインナップは商用タイプ「エブリイ」と乗用タイプ「エブリイワゴン」を用意し、エブリイはハイルーフ車のみ、エブリイワゴンはハイルーフと標準ルーフのどちらも設定しています。

 2024年2月には改良が実施され、エブリイ/エブリイワゴンの2モデルで、従来の5速AGS(オートギアシフト)および4速ATに加え、CVT(自動無段変速機)が新設定されました。

 また、CVT車の4WDモデルでは、使用状況や路面状況に応じて3つのモードが選択可能な電子制御式4WD、ぬかるみ脱出アシストを搭載し、悪路走破性能を向上。

 パワーユニットは、自然吸気660ccエンジンのみのラインナップだったエブリイに、ターボエンジン搭載モデルが設定されました。エブリイワゴンは引き続き、ターボエンジン搭載モデルの設定です。

 エクステリアも刷新され、新デザインのLEDヘッドランプを採用。ヘッドライトはリフレクター内部が二段に分割されたほか、エブリイワゴンではブラックのインナー加飾が装備されるなど、精悍な表情になりました。

 車体色には、新たに「デニムブルーメタリック」と「モスグレーメタリック」を設定しています。

 機能装備では、エブリイ/エブリイワゴンともに運転席シートヒーターや助手席シートバックテーブルの設定、エブリイではプッシュスタートシステムや後席両側スライドドアクローザーなどを採用し、利便性を高めています。

 先進運転支援システム「スズキ セーフティ サポート」は全車標準装備(エブリイ「PA」グレードには非装着車を設定)され、安全性能も向上しています。

 このほか、エブリイワゴンではLEDサイドサイドターンランプ付ドアミラー(リモート格納機能付)、本革巻ステアリングホイールを全車標準装備とし、機能と質感の向上を図っています。

 新型エブリイの価格(消費税込)は、119万7900円から181万9400円まで、新型エブリイワゴンの価格は、183万8100円から208万3400円に設定されています。

 今回ジャパントラックショーで展示されたのは、最上級モデル「JOINターボ」で新色のデニムブルーカラーのモデルが登場しました。

 車内には、法人向けコネクテッドサービス「SUZUKI FLEET(スズキフリート)」のユニットを搭載。

 スズキフリートは、シガーソケット型の専用デバイスを設置して走行データを収集・解析し、安全運転の促進、現場の負担軽減など業務効率化や労務環境の改善、車両の効率的な運用などに活かすことができます。

※ ※ ※

 ブースではこのほか、軽トラック「スーパーキャリイ」のうち2023年12月に発売したばかりの特別仕様車「Xリミテッド」を展示。スズキが普及に向けて取り組んでいる「軽トラ市」での活用に向けた純正アクセサリーテントが装着されています。

 また、ジャパンモビリティショー2023で公開された電動マルチユースモビリティ「SUZU-CARGO」も展示されました。

【画像】超カッコいい! これがスズキ新型「軽バン」です!(38枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー