スズキが“新”「斬新軽トラ」を実車展示! めちゃ「画期的な荷台」がすごい! 精悍ブラック顔×4WD採用の「軽トラ市」向けモデルとは

スズキは「ジャパントラックショー」に「スーパーキャリイ Xリミテッド」の軽トラ市仕様を出展しました。どのようなモデルなのでしょうか。

荷台がそのまま市場に 画期的な「軽トラ市」向けアイテムを紹介

 スズキは2024年5月9日から3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催の「ジャパントラックショー2024」にブース出展を行いました。
 
 同社のブースでは2023年12月に発売されたばかりの「スーパーキャリイ Xリミテッド」も展示されています。

軽トラ市仕様の「スーパーキャリイ」登場
軽トラ市仕様の「スーパーキャリイ」登場

 スズキブースでは今回、「軽トラ市の認知拡大」、「ラストワンマイル課題解決の提示」をテーマに、軽トラ市の魅力やラストワンマイルを担う小口配送業者、様々な業種のユーザーの課題解決に繋がるモビリティの在り方やサービスを発信していくとしています。

 軽トラ市とは、軽トラックの荷台・荷室スペースを活用し、グルメや特産品、雑貨などを陳列して販売する手法で、手軽に店舗運営が行えるという特徴があります。

 スズキでは各販売会社の店舗で軽トラ市を出店しているほか、スズキの本拠地である浜松市で全国軽トラ市を開催するなど、普及に向けた活動を行っています。

 今回ブースでは、軽トラックのスーパーキャリイ Xリミテッドをベースに、軽トラ市の出店に仕立てたモデルが登場しました。

 スーパーキャリイは通常の「キャリイ」をベースに120mmのハイルーフ化と460mmのキャビン(居住部)延長を図ったモデルで、広い室内空間が特徴です。

 Xリミテッドは2023年12月に発売された特別仕様車の新モデルで、マット調とビス風デザインを組み合わせた専用デカールを施したほか、専用のブラックホイールやブラックインナーのLEDヘッドライトなどを装備し、タフギア風に仕上げています。

 今回の展示車にはスズキが純正で用意しているアクセサリー「スズキ軽トラ市セット 軽テン」(試作品)が装着され、出展車両は果物とスムージードリンクの店舗に見立て、荷台を活用した店舗運営の様子が再現されていました。

 軽テンは荷台に装着する折りたたみ式のテントで、荷台の上部をカバーできるほか、テントから3方向に向かって拡張するウイングも装備され、商品を直射日光から守ることができます。

 軽テンの価格(消費税込)は3万4800円で、カラーはオレンジ、ネイビー、ベージュの3タイプが用意されます。

※ ※ ※

 ブースではこのほか、2024年2月に一部仕様変更を実施した軽商用バン「エブリイ」の展示に加え、法人向けクラウド型車両管理サービス「SUZUKI FLEET」を紹介。

 さらに、ジャパンモビリティショー2023で公開された電動マルチユースモビリティ「SUZU-CARGO」も展示されています。

【画像】超カッコイイ! これがスズキ新型「キャリイ」です 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー