日産「新型スポーティ“セダン”」世界初公開! “4連テール”が超カッコイイ! 美ボディすぎる「エポック」中国での発表に反響集まる

日産自動車は4月25日、北京で開催している「北京国際モーターショー2024」で、新型のコンセプトカー「日産エポック・コンセプト」を初公開しました。同車について、SNSなどでは様々な反響が集まっています。

日産の新型セダン「エポック」に反響集まる

 日産は、2024年4月25日に中国・北京で開催された「北京国際モーターショー2024」で、コンセプトカー「日産エポック・コンセプト(以下新型エポック)」を初公開しました。流麗な“スポーティセダン”に様々な反響が集まっています。

美ボディが美しい! 新型「日産エポック・コンセプト」
美ボディが美しい! 新型「日産エポック・コンセプト」

「北京国際モーターショー2024」で、合計4台の新エネルギー車(NEV)コンセプトを公開した日産自動車。さらに、2026年度までに5車種のNEVを中国市場に投入することを発表、同社の中国市場への注力振りが伺えました。

 今回の新型エポックは、その中でEVセダンとして発表された車両です。エクステリアはスポーティーさを感じるスマートなデザインを採用。側面から見た時のシルエットは、かつて日産が生産していた「ティアナ」や、北米市場で展開する「アルティマ」を思わせます。

 フロントフェイスでは、車幅いっぱいに広がる横一文字のヘッドライトを装備。グリル部分は少なく、電気自動車らしい先進的なデザインになっています。さらに、リアにも車幅いっぱいに広がる横一文字のテールライトを備えています。

 足回りで目を引くのはホイールでしょう。空力を意識しているのか、あまり類例のない特殊な形状をしています。

 また、機能面の特徴としてAIによって拡張したIoTを備えています。これにより、バーチャルパーソナルアシスタントとの感情豊かなコミュニケーションが可能となり、より快適な生活を実現するといいます。

 日産のプレスリリースでは、エポックのことを「都市や郊外の走行を楽しみ、最新のデザインとテクノロジーで、ライフスタイルを向上させたい活動的な人に向けたEVセダン」などと評しています。

 日本では、めっきり数が少なくなったセダン。そんな中登場したセダンのコンセプトカーというだけあり、日本のユーザーからも注目を集めているようです。

 SNSなどでは「未来の車って感じがする」「ワンチャン、スポーツセダン流行らないかな」などの声が出ていました。また、やはりホイールのデザインは気になる人が多いようで「ベイブレードみたい」という投稿も見られました。

【画像】超カッコイイ! 日産の「新型スポーティセダン」を 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 中国で発売される日産のスポーツセダンがかっこいいとの記事であるが、この車のどこがかっこいいのか理解に苦しむ。古くからある4ドアセダンを未来風にしただけ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー