ホンダ「新型コンパクトミニバン」登場! 8年ぶり刷新でゴツい「アウトドア仕様」に上質“洗練スタイル”も用意! 「新型フリード」純正アクセ公開

ホンダアクセスは2024年5月9日、6月発売予定の新型「フリード」用純正アクセサリーを先行公開しました。

上質仕様とゴツいアウトドア仕様を用意

 ホンダ車の純正アクセサリーを展開するホンダアクセスは2024年5月9日、6月発売予定の新型コンパクトミニバン「フリード」用純正アクセサリーの一部を先行公開しました。
 

「新型フリード」用純正アクセが公開!
「新型フリード」用純正アクセが公開!

 フリードは2008年に登場したコンパクトミニバンです。全長や全幅を抑えた扱いやすいボディサイズに、両側スライドドアや使い勝手のよい3列シートを採用し、人気を獲得します。

 8年ぶりに全面刷新を果たした新型は3代目で、内外装を一新し、使い勝手を高めるとともに、ハイブリッド車のパワートレインを刷新。2モーターハイブリッド「e:HEV」を採用し、走行性能の向上を図りました。

 ラインナップは上質でシンプルな「AIR(エアー)」と、アウトドアテイストを強めた「CROSSTAR(クロスター)」の2モデルとし、クロスターでは2列シート仕様車も設定しています。

 価格などの詳細情報は、6月の発売近くにあらためてアナウンスされると見られます。

 今回、ホンダアクセスでは新型フリードに対し、普段の生活をより嬉しく楽しく幸せにという願いを込めた「普段美(ふだんび)」を開発コンセプトに、アクセサリーを展開。

 エアーとクロスターそれぞれのキャラクターに合わせたコーディネートスタイルを用意します。

 エアーでは、「Superior Style(スーペリアスタイル)」として「フロントグリル(ベルリナブラック/クロームメッキ)」「エアロバンパー(LEDフォグライト付き)」などを中心に、上質さをさらに高めるアイテムが設定されました。

 クロスターでは、「Active-Tough Style(アクティブタフスタイル)」として「フロントグリル(ベルリナブラック/ブラッククロームメッキ)」「フロントガーニッシュ」「ボディサイドモール」といったシルバー/ブラック基調のパーツを用意し、クロスターのタフで精悍なイメージを高めるアイテムが用意されます。

 インテリアでは、助手席シートサイドに取り付ける「折りたたみセンターテーブル」や荷室に取り付ける「トランクサイドボックス」「ルーフラック」など収納スペースを拡張する便利な商品も展開。

 さらに、オートキャンプ時にテールゲートを開けて取り付ける「テールゲートタープ」はアウトドアでさまざまな使い方が可能です。

 このほか、純正ナビゲーション「Gathers(ギャザズ)シリーズ」では、「11.4インチHonda CONNECTナビ」をはじめ、9.8インチナビや8インチディスプレイオーディオなどを設定しています。

 これら純正アクセサリーの販売価格などは、新型フリード発売日頃に発表されると見られます。

【画像】超カッコイイ! これが「新型フリード」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. ホンダのデザイナーはセンスがあまり良くないですね。
    個人的には丸っこいデザインよりは箱型が好きなのですが、ボテッとしてシャープさが無いです。
    クロスターのフロントも良くないです。プラモデルのようなチャチなシルバーもいただけません。

  2. デザインはすごくいいと思う。くにゃくにゃした付け足しのラインがほぼ無い。
    どんどん売れて不細工な車を淘汰してほしい。
    オプションでフォグランプを付けるのはどうぞご自由にだが、光軸を適正にしてくれ。
    嬉しくて点けまくるやつがまぶしくてしょうがない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー