マツダが“赤い”新型「和製スポーツカー」実車展示! “市販化”進むロータリーマシン! RX500&RX-EVOLVとの関係は? 白もある「アイコニックSP」とは

2024年4月に開催された「オートモビルカウンシル2024」でマツダは、「ICONIC SP」「RX500」「RX-EVOLV」を展示しました。

新たなロータリーエンジンの象徴!? アイコニックSPとは

 2023年に開催された「ジャパンモビリティショー」で世界初公開されたマツダの「アイコニックSP」。
 
 現在、市販化に向けた動きがあるなかで、様々なイベントでも積極的に展示されています。
 
 2024年4月に開催された「オートモビルカウンシル2024」では、「RX500」「RX-EVOLV」共に展示されました。

クルマ関係のイベントでは赤い個体が展示されるが、2024年のマツダ入社式では白い個体もお披露目されている
クルマ関係のイベントでは赤い個体が展示されるが、2024年のマツダ入社式では白い個体もお披露目されている

 マツダは、国内外のヘリテージカーが集結した展示イベント「オートモビルカウンシル2024」に、最新ロータリースポーツコンセプト「アイコニックSP」を展示しました。

 同イベントでのマツダによる展示テーマは、「ロータリースポーツカーコンセプトの歴史と未来」とし、ロータリーエンジンを搭載したコンセプトカーの中でも象徴的な3台が飾られてました。

 これは2024年2月1日付けで、ロータリーエンジンの開発グループを6年ぶりに復活させたことともリンクするもの。

 これにより、ロータリーエンジン開発に弾みが付くことに間違いはないでしょう。

 ただアイコニックSPは、あくまでコンセプトカーであり、市販の予定は現時点ではありません。

 それはマツダ自身が、ロータリーエンジンの魅力を最大限伝え、愛される存在として、ロータリースポーツカーが大きな役目を担ってきたと感じてるからでしょう。

 その象徴がアイコニックSPというわけです。それでは3台を紹介していきましょう。

 もっともクラシックな展示車である「RX500」は、1967年に送り出された世界初の2ローター・ロータリーエンジン搭載車である「コスモスポーツ」に次ぐ、スポーツカー開発の実験車として制作されました。

 その狙いは、コスモスポーツで達成できなかった時速200kmの壁を超えるというもので、空力特性を意識したデザインと運動性能の高いミッドシップレイアウトを備えたスーパースポーツカーでした。

 1970年の東京モーターショーでは、マツダロータリー車の未来を示す象徴として展示され、通常は影の存在である実験車でありながら、スーパースターとしても活躍。

 もちろん、実験車として、ボディサイズやレイアウト、機能性まで様々な検討が行われた結果が、後の初代サバンナRX-7開発の礎となりました。

 もう1台は、市販化へのロビー活動ともいえる役目を果たした「RX-EVOLV」です。

「RX-7」の生産と販売は続けられていたものの、経営不振から1996年にフォード傘下となったことで、次世代ロータリー車の開発が凍結されました。

 その決断を覆そうと、一部の技術者が立ち上がり、社内にあった「ユーノス・ロードスター」と手持ちの部品をベースに、秘密の自然吸気仕様のロータリー実験車を製作。

 そして、フォードより出向していた役員に試乗されることで、風前の灯火だったロータリー車の未来を切り開きました。

 ただ当時のスポーツカーの風当たりが強く、2ドアスポーツカーの自動車保険料が高騰していた米国事情を反映し、4ドアがマストに。

 新開発の自然吸気仕様の2ロータリーエンジン「RENESIS」と、クーペボディにコンパクトなリアドアを組み合わせた観音開き式ドアを採用したスタイリングを持つコンセプトカー「RX-EVOLV」として具現化され、1999年の東京モーターショーにて公開されました。

 その後、商品化に向けたリデザインされた試作車へと発展。2001年の北米国際オートショーにて世界初披露され、「RX-8」の名も公表されました。

 市販車は、2003年より販売が開始され、日本では2013年まで販売が続けられました。

【画像】超カッコいい! 白いマツダ新型「和製スポーツカー」を画像で見る(80枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー