スズキのコンパクトSUV「エスクード」国内販売が終了 新たな「グローバルSUV」投入に期待!

スズキのコンパクトSUV「エスクード」の国内販売が終了したことが明らかになりました。

「エスクード」の国内販売がついに終了

 2024年4月18日、スズキの公式ウェブサイト「カーラインナップ」から、同社のSUVである「エスクード」の掲載が終了したことが明らかになりました。
 
 エスクードは、コンパクトSUVの先駆け的なモデルとして1989年にデビューしました。現行モデルは2015年に登場した4代目で、ハンガリーで生産され日本に輸入される形で販売されました。

国内販売が終了したスズキ「エスクード」
国内販売が終了したスズキ「エスクード」

 スズキの伝統的なSUVスタイルを採用したデザインや、全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmという取り回しの良いコンパクトなボディサイズながら、ゆとりある室内空間と十分な荷室スペースを確保。

 欧州での走り込みを重ねて実現した、安定感のある足まわりを特徴とするほか、2022年4月には全車がハイブリッド仕様となり、力強い加速性能と優れた燃費性能を両立させました。

 スズキによると、日本でエスクードの販売が終了したといい、そのためウェブサイトでの掲載も終了したとのことです。

 なお、海外では「ヴィターラ」として継続販売されています。

※ ※ ※

 これまで国内のスズキSUVではエスクードがもっとも大きいモデルでしたが、それよりもひと回り大きいSUVとして新型「eVX」がグローバルで投入される予定で、日本をはじめ欧州やインドなどで2025年度に発売することが明らかになっています。

 新型eVXは「ジャパンモビリティショー2023」でも出展されており、本格四駆の力強さと最新EVの先進性を融合しながら、ひと目でスズキのSUVと認識できるデザインを採用。来場者から注目を集めていました。

 今後は新型eVXの国内登場に期待がかかります。

スズキ・エスクード のカタログ情報を見る

【画像】「えっ…!」これが最後の「エスクード」です! 画像を見る(29枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. イグニスも4月26日までに消えたようですね

  2. ヨーロッパ規格の逆輸入車なので、日本の一般的なエンジンとは違い専用のオイルが必要でメンテナンスコストが高いのが欠点でしたね。
    それを知らないで、整備料金が高いと文句を言う人の多い事!
    販売をする時に、スズキのエンブレムを着けた輸入車なので、後々お金が掛かる車だと理解させてから売って欲しい買ったよ😓

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー