ホンダが“赤い”新型「プレリュード」初公開! “22年ぶり復活”の「2ドアクーペ」が鮮烈レッドに変化!? 2024年にも登場期待の「新モデル」米に登場

ホンダの米国法人は、「アキュラ グランプリ オブ ロングビーチ2024」にて、”赤い”「プレリュード コンセプト」を初公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

鮮烈レッドの新型「プレリュード コンセプト」初公開

 ホンダの米国法人は、2024年4月19日から2024年4月20日にかけてアメリカ・カリフォルニア州で行われた「アキュラ グランプリ オブ ロングビーチ2024」にて、”赤い”「プレリュード コンセプト」を初公開しました。

えっ?赤いよ!? 新型「プレリュードコンセプト」
えっ?赤いよ!? 新型「プレリュードコンセプト」

 プレリュードは、1978年から5世代にわたって販売された2ドアクーペの「スペシャリティカー」。最終モデルの5代目は、2000年9月をもって23年という歴史に幕を下ろしており、現在は世界のどの市場でも同名を冠したクルマは存在しません。

 しかし2023年10月25日、ホンダがジャパンモビリティショー2023で新型プレリュード コンセプトを世界初公開。22年ぶりの車名復活となり、大きな話題となりました。

 新型プレリュード コンセプトは2ドアクーペで、コンセプトは、“アンリミテッドグライド”。

 エクステリアは、グライダーのように優雅に滑空するイメージを重ね合わせた流麗なデザインが特徴的。フロントのデザインなどは、グライダーの羽根をイメージしたといいます。

 新型プレリュード コンセプトについて、ホンダ代表執行役社長の三部敏宏氏は、発表の場で以下のようにコメントしています。

「ホンダは、いつの時代もスポーティなクルマづくりに拘ってきました。プレリュードという言葉は、『前奏曲・先駆け』を意味します。このモデルは、本格的な電動化時代へ“操る喜び”を継承する、ホンダ不変のスポーツマインドを体現するモデルの先駆けとなります。

 新型プレリュード コンセプトは、どこまでも行きたくなる気持ちよさと、非日常のときめきを感じさせてくれる、スペシャリティスポーツモデルです。ホンダだからこそできる“操る喜び”を皆さまにお届けすべく、現在、鋭意開発を進めています。ぜひ、ご期待ください」

 この発言から、新型プレリュード コンセプトは、ただの“コンセプト”ではなく、市販化に向け“鋭意開発中”のモデルだということがわかります。

 また、「2020年代半ばの市販化に向けて開発中」ともしており、2024年もしくは25年に、登場することが予想されます。

 その他詳細については、語られていませんが、パワートレインは「電動パワートレイン」と説明されており、ハイブリッドなどになることが想定されます。

 新型プレリュード コンセプトの実車は、ジャパンモビリティショー2023での展示後、南カリフォルニアの「アメリカン ホンダ コレクション ホール」に展示されるなど、アメリカに移動していました。

 そして今回、アメリカ・カリフォルニア州で行われた「アキュラ グランプリ オブ ロングビーチ2024」にて再び登場しました。

 しかし、そのボディカラーは、清潔感漂う”白”から鮮烈な”赤”へと変化していました。またブレーキキャリパーやヘッドライトとヘッドライトをつなぐ横一文字のパーツも赤となっており、スポーティな印象です。

 過去のプレリュードにとってもイメージカラー的な存在であった”赤”ですが、それだけに赤い新型プレリュード コンセプトの展示は、人々の目を惹き、場を盛り上げていたようです。

【画像】超カッコイイ! ホンダ新型「”赤い”プレリュード」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

20件のコメント

  1. 「クーペを冠する車はたとえノッチバックであってもリアドアがないボディであることが一番」これを具現化した車を作ってくれたことに感謝

  2. 4ドアのプリウスに、デザインで負けてる。
    後出して、負けるって。出す意味ある?

    • はあ?プリカス関係ないでしょ。

    • そもそも、電池を沢山積んだプリウスがかっこいいとは、全く思わない。
      プレリュードは、さすがに、かっこいいですね。

    • やっぱ田舎の人の好みでは、プリウスみたいなサツマイモ形状のほうが好みなんすねぇ
      都会人の好みと大違いだわ
      でも、またこのプレリュードも数年遅れでトヨタさんに真似されちゃうんだろうねぇ
      そういやぁプリウスの後部のガラス部もホンダのCR-Xっぽいよねぇ

  3. 往年のホンダファンでしたが最近のホンダデザインにはがっかり続き。なんか海外メーカーのパクリデザインばかりだし、妙にバランスの悪い(すわりの悪い)デザインが多い。

  4. プリウス顔にフェアレディZのボディライン。
    シリンダーを傾けてでもボンネットを低くした、3代目プレリュードの格好良さは、どこに消えたの?

    • 見たことあるデザインに定評とか言われるぞホンダよ、、、。過去のプレリュードは伸びやか、美しさがあったじゃないか。

  5. これはプレリュードといって良いんでしょうか?
    3代目を10年乗っていた人間からするとそうはならんやろ?と思えて仕方ないんですが。
    これではプリウスとかクラウンのフォロワーでしか無いのでは?

  6. この車はデートカーでは無い

  7. 批判的な意見が多いようですが…
    メーカーが「プレリュード」と言うなら
    そうなんでしょう。
    かつての同名名車や現代の他車と比較して
    云々言わなくても、市販されれば評価が
    分かります。
    が、「同名を関したクルマ」? ☓→冠した ○
    ここのライターさん、本当に誤字脱字多い

  8. これはデートカーでは無い

  9. 1989年のVTEC(カッコ)インテグラの2ドアクーペとVTECプレリュードに乗っていましたがメーカー側の都合でスポーツ系モデルを根絶やしにしておいて、今更「プレリュード買ってね」と出てきても・・かえって昔のスタイルのまんまで出してエンジンや足回りは最新と言うモデルのほうが売れるんじゃない?(自分的にはHONDA1300クーペの丸目4灯スタイルが良かった。)

  10. プリウスの顔したトヨタ86

  11. 次期型ZR-Vのフェイスがこんな感じなら、クラウンスポーツっぽくて良いと思うんだけどねぇ。

  12. ホンダの赤は、すぐに褪せてピンクになるからなぁ

  13. ホンダ党の擁護反論が苦しすぎて草

  14. なんか、笑い顔にしか見えなくもないフロントですね。クラウンにも似ているし、みんなこんな顔になっていくんでしょうか。

  15. このデザインどこかかっこいいんでしょう?
    フロント、横からのデザインもバランス悪すぎ。素人が作ったとしか思えない。
    よく社内でOK出したよね。
    ホンダはしばらくさえないデザインばかり。
    もっと研究すべきです。

  16. HONDAと一目でわかる何物もない。
    プリウスとかクラウンと並べても兄弟車と思われるのでは?最近のホンダデザインは野暮ったいよね。いくら若い人に車売れないから過去の栄光をチラつかせて晩年裕福層を狙ってもこれはときめかないと思う。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー