正式にマツダ「最大・最上級車」生産終了! フラッグシップモデルが“22年の歴史”に幕… セダン&ワゴンの代わりは?

2024年4月15日にマツダは公式サイトにて、フラッグシップモデル「MAZDA6」の日本向けモデル(セダン・ワゴン)を正式に生産したと発表しました。

正式に生産終了となった「アテンザ/マツダ6」

 マツダは2024年1月19日に フラッグシップモデル「MAZDA6」の日本向けモデル(セダン・ワゴン)の販売を終了すると発表しました。
 
 そして生産終了時期は、2024年4月中旬を予定していることを明かしています。

正式に生産終了となった「アテンザ/マツダ6」
正式に生産終了となった「アテンザ/マツダ6」

 マツダのフラッグシップモデルとしてラインナップされてきたマツダ6は、日本では元々「アテンザ」という名前で2002年に初代が登場しました。

 後に2008年に2代目、2012年に現行となる3代目が登場。

 なお2019年8月の一部改良にて、車名がグローバルで展開される「MAZDA6」に変更されました。

 また2022年にはアテンザ/マツダ6誕生20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」も登場。

「走る歓び」を体現し続け、20年の歴史を重ねた熟成の走りと風格を感じられるスタイリング、優雅さを表現したインテリアを織り込んだ特別なクルマとなっていました。

 そんなマツダ6ですが、前述の通り日本向けの販売・生産が終了となります。

 マツダの執行役員国内営業担当の東堂一義氏は次のように述べていました。

「歴代アテンザ・MAZDA6は、国内で累計22万6437台が販売されるなど、多くのお客さまから長い間ご愛顧いただきました。

 今後、セダンはMAZDA3が、ワゴンはCXシリーズがその役割を引き継ぎ、時代に適合した走る歓びによってお客さまにいきいきとした体験をお届けしてまいります」

※ ※ ※

 今回、2024年1月のアナウンス以降の新たな動きとして、4月15日にマツダ6の商品ページが更新されました。

 そこでは以下のようなアナウンスがされています。

「MAZDA 6は2024年4月中旬をもちまして 国内向け車両の生産を終了いたしました。

 長きにわたり多くのお客様にご愛顧賜り誠にありがとうございました」

 こうして日本向けとなるアテンザ/マツダ6の歴史が幕を閉じたのです。

 果たして次期型マツダ6は登場するのか、今後の動向にも注目せずにはいられません。

マツダ・MAZDA6セダン のカタログ情報を見る

【画像】えっ…!?!? これが謎だらけのマツダ新型「謎のセダン」の謎画像です(31枚)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

3件のコメント

  1. SUVはアレだけ出しているのに、セダンは全く無くなった。 1点集中するしかないのかな

  2. 冒頭で「正式に生産を発表」とあったので次期モデルに期待してしまった

  3. 我々アラ還世代にとって「MAZDA6」と聞くと「あ〜、輸出用のカペラね」と思ってしまうので、それを「フラッグシップ」といわれると違和感がある。いつの間にか「ルーチェ・センティア」が無くなっていたなんてww

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー