日産が新型「和製スーパーカー」初公開へ! 1300馬力超え&ド迫力ボディの「Hフォース」! 新たなコンセプトカーとともに中国登場へ

日産は、2024年4月25日に開幕する北京モーターショーで、EV(電気自動車)コンセプト新型「ニッサン ハイパーフォース」を中国初公開すると発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

新型「ハイパーフォース」と新たなコンセプトカーも披露へ

 日産は、2024年4月25日に開幕する北京モーターショー(北京国際自動車展示会、会期:4月25日から5月4日)で、EV(電気自動車)コンセプト新型「ニッサン ハイパーフォース」を中国初公開すると発表しました。

中国で日産新型「和製スーパーカー」初公開へ!
中国で日産新型「和製スーパーカー」初公開へ!

 2023年のジャパンモビリティショーでワールドプレミアを飾ったニッサン ハイパーフォースは、究極のドライビングプレジャーを追求する未来のスーパースポーツEVです。

 同社の看板モデル「GT-R」を彷彿とさせる厳ついエクステリアデザインは、R35型も2024年3月14日に発表された2025年モデルが最終モデルであることからも、“次期型GT-R”とする見方が強まっています。

 そのデザインは、見るからに超高性能な雰囲気を醸し出しており、中国でも熱い視線を集めそうです。

 パワートレインは全固体バッテリーと高出力モーターで、最大出力1000kW、馬力に換算すると約1360馬力を想定しています。

 強力なダウンフォースを生み出す空力設計、電動駆動4輪制御技術「e-4ORCE(フォース)」、高強度カーボンを活用した軽量車体など、最先端の技術を結集させています。

 ユニークなのはAR(拡張現実)とVR(仮想現実)機能を備えた専用ヘルメットを使うと、実車がゲームシミュレーターになるところで、コンセプトカーならではの夢のある未来像を提案します。

 北京モーターショーでは、ニッサン ハイパーフォースのほか、フォーミュラE Gen3レーシングカーと現地のユーザーニーズをもとに開発したコンセプトカーを披露する予定です。

 日産は3月に発表した中期経営計画で、2026年度までに中国市場でのラインナップのうち73%を刷新し、EVをはじめとする新エネルギー車(NEV)を8車種(日産ブランド車は4車種)投入するとしています。

 また、販売台数を20万台増加し、年間販売台数100万台を目指します。日産は中国市場で苦戦を強いられているといわれていますが、北京モーターショーで新たなスタートを切る考えです。

【画像】超カッコイイ! 日産「”新型”和製スーパーカー」を画像で見る(30枚以上)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. まさかコレがカッコいいとでも?

  2. 除雪車ですか?

  3. うっひゃっひゃっひゃっひゃ〜ぁっ・・・・・・
    コンビニ入れねぇ〜っ・・・・・・

  4. ナンセンス、それに尽きる

  5. さすがにこのまま市販はされないと思うけど形はハンディー掃除機みたいですね

    もう少しセンスの良いデザインに出来なかったのかな?

    フロント下部の板は足首切断装置ですか?
    後ろの曲面も変だし…

    最近のNISSAN車のデザインってホント酷くなったよね
    むかしのデザインは良かったのに
    空力が良い形でも無いしダンボール箱で作った子供のオモチャみたいなデザインだし
    これでは購買意欲なんて…
    ホント酷いな…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー