トヨタ新型「“9人乗り”ミニバン」発表! 全長4.4m級から選べる「超静音モデル」! 精悍顔の「新プロエース」に反響も…約643万円から英に登場

トヨタのイギリス法人は、商用バン「プロエース」をベースにした新型「プロエース ヴァーソ EV」と新型「プロエース シティ ヴァーソEV」の発売を発表。ユーザーからも反響が集まっています。

トヨタ新型「9人乗りミニバン」発表に反響も

 トヨタのイギリス法人は電動化戦略の一環として、商用バン「プロエース」をベースにした新型「プロエース ヴァーソ EV」と新型「プロエース シティ ヴァーソEV」を発売すると、2024年2月6日に発表しました。これについて、ユーザーからも反響が集まっています。

カッコイイ! トヨタ新型「プロエース シティ ヴァーソEV」
カッコイイ! トヨタ新型「プロエース シティ ヴァーソEV」

 プロエースは、トヨタが欧州市場で展開している商用バンです。そのうちヴァーソは、最大9人乗りで装備の拡充を図った乗用仕様に名付けられています。

 今回発表されたのは、そんなヴァーソをBEV(バッテリー式電気自動車)化したモデルです。

 プロエース ヴァーソEVのボディタイプは、リアオーバーハングの長さが異なる2種類。ロングが全長5309mm×全幅1920mm×全高1899mm、ホイールベース3275mm。ミディアムが全長5599mmです。

 パワーユニットは、100kWの電気モーターと50kWhのリチウムイオンバッテリーで構成され、一充電走行距離は最大143mile(約230km)。急速充電器を使えば30分で80%程度まで充電できます。

 一方プロエース “シティ” ヴァーソEVは、プロエースヴァーソのボディをひと回り小さくしたBEVです。

 2種類がラインナップし、ロングが全長4753mm×全幅1848mm×全高1800mm、ホイールベース2975mm。ショートが全長4403mm、ホイールベース2785mmです。

 どちらもシート配置は2-3の5人乗り。パワーユニットは先述したものと同じ100kWの電気モーターと50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載します。

 価格はプロエース ヴァーソ EVが4万2998ポンド(約811万円)から、プロエース シティ ヴァーソEVが3万4113ポンド(約643万円)から。3月以降デリバリー開始となっています。

 これについてユーザーからは、「かっこいい」「いいな」「海外ホテルの送迎で使われそう!」の声や、「海外も続々とEV車出てきてるなあ」とEVに触れる声など、さまざまな反響が寄せられていました。

 ちなみに、イギリスで販売されるプロエースシリーズの商用モデルは引き続きディーゼルエンジンが設定されますが、乗用モデルのヴァーソはBEV一本化となりました。今後、商用モデルにもBEVを設定するとしています。

【画像】超カッコイイ! トヨタ新型「”9人乗り”ミニバン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー