トヨタ「新型SUVミニバン」公開! 斬新ドア×タフ外装がカッコいい! 「X-VAN GEAR」特許庁公表で、市販化は?

2024年3月11日に特許庁は、トヨタ車体による「クロスバン ギア コンセプト」らしき意匠を登録しています。

「ミニバン×SUV」なコンセプトモデル…市販化は?

 トヨタ車体の「クロスバン ギア コンセプト」は、ミニバンとSUVをかけあわせたようなルックスが特徴のコンセプトモデルです。
 
 2024年3月11日には、特許庁はトヨタ車体によるクロスバン ギア コンセプトらしき意匠を登録しています。
 
 クロスバン ギア コンセプトとは、どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」が特許庁に登録された
トヨタ「X-VAN GEAR CONCEPT(クロスバン ギア コンセプト)」が特許庁に登録された

 2023年10月から11月にかけて開催された「ジャパン・モビリティ・ショー2023」で、トヨタ車体はクロスバン ギア コンセプトを世界初公開しました。

 そんなクロスバン ギア コンセプトですが、市販化の可能性は決して低くはないようです。

「多様化するライフスタイルに合わせ、すべての人が人生を楽しむ次世代のキャブワゴン」と説明されるこのコンセプトモデルは、ミニバンとSUVをかけあわせたようなルックスが大きな特徴の1台です。

 ボディサイズは全長4695mm×全幅1820mm×全高1855mmと、全幅以外はトヨタ「ノア/ヴォクシー」とほぼ同じです。

 未塗装の樹脂パーツが多用されたエクステリアデザインは、トヨタ「ランドクルーザー250」に通じる力強さを持ち合わせており、既存のミニバンとは明らかに一線を画するものとなっています。

 さらに、Bピラーレスによる大開口ドアを備えており、自転車や釣り竿などの趣味のアイテムも楽に積み下ろしすることができるとされています。

 一方、シンプルにまとめられたインテリアは、ソファーのようなシートと開放的な天井によってリビングルームのような空間に仕上げられています。

 また、3列にわたる各シートは計6種類のシートアレンジを可能としており、助手席を回転したり、2列目をテーブルにしたりすることができるようです。

 ミニバンは、ファミリー層を中心に根強い人気を誇っており、実際に2023年の新車販売台数ランキングでは、ノアとヴォクシーはそれぞれ乗用車全体の7位と8位にランクインしています。

 その一方で、近年ではSUVが世界的なトレンドとなっているのも事実です。

 そうしたなかで、ミニバンとSUVの特徴をかけ合わせたモデルであるクロスバン ギア コンセプトは、ありそうでなかった1台と言えるかもしれません。

 唯一、三菱「デリカ D:5」はクロスバン ギア コンセプトと近しいコンセプトを持っていると言えますが、デリカ D:5は「環状骨格(リブボーンフレーム)」という独自のボディ構造を持つ本格派のモデルです。

 その点、クロスバン ギア コンセプトはあくまで乗用車ベースと見られるため、デリカ D:5ほどの悪路走破性はないと考えられますが、その分、快適性や機能性、燃費性能については分がありそうです。

 こうした点を考えると、クロスバン ギア コンセプトとデリカ D:5が競合する可能性はそれほど高くないと考えられます。

【画像】「えっ…!」 これがトヨタの新しい「SUVミニバン」です!(68枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. 特許庁が登録?って、変じゃないですか。「特許庁にトヨタ車体が登録した」なら解りますが・・・・・

  2. その前に、現行車種の納期どうにかなりませんかね。

  3. TJクルーザー発売してから教えてくれ

  4. 天下のトヨタ様は半端なデザインを好む層にだけ注力してくださいな 笑
    そのジャンルは三菱の専売特許なんでね。

  5. 3列目は要らないので、観音スライドドアのコンセプトは継承したまま、もう少しコンパクトにして300万だったら買う

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー