トヨタ車体が「ゴツい 1人乗りモデル」公開! 斬新単眼「謎のモデル」とは? Funなクルマなのか

2024年4月8日にトヨタ車体は1人乗りモデルの意匠を公表しました。

Fun・COM エクスプローラー…再び?

 トヨタ車体は2024年4月8日に1人乗りモデルの意匠を公表しました。
 
 このデザインを見る限り、かつて東京オートサロンでお披露目された「Fun・COM エクスプローラー」に似ています。

こりゃカッコいい! アウトドアな超小型モデル! (画像:東京オートサロン2023で展示されたFun・COM エクスプローラー)
こりゃカッコいい! アウトドアな超小型モデル! (画像:東京オートサロン2023で展示されたFun・COM エクスプローラー)

 独立行政法人工業所有権情報・研修館は、特許・実用新案、意匠、商標を検索できる「特許情報プラットフォームJ-PlatPat」を展開しています。

 ここでは各社の特許情報や意匠、商標が登録されるたびに公表されます。

 最近では、過去のモーターショーなどで公開されたコンセプトカーの意匠が相次いで公表されていました。

 その中で、4月8日に公表されたのが単眼ライトに張り出したフェンダーやサスペンション、タイヤがオフロードテイストを印象づけるモデルです。

 実はこのモデルに似たものが東京オートサロン2023のトヨタ車体ブースで展示されていました。

 それがFun・COM エクスプローラーというモデルで、トヨタ車体が2012年から発売している超小型BEV「COMS(コムス)」をベースにしています。

 コムスは、将来のために脱炭素社会の実現に向け、走行中のCO2排出をゼロにする超小型モビリティです。

 そんなコムスをベースにしたFun・COM エクスプローラーは、超小型モビリティに新たな価値を提供するために、「乗る人にもっと『Fun』を訴求」するために製作されました。

 なお当時のトヨタ車体の担当者は次のように話しています。

「Fun・COM エクスプローラーについては高い開放感による『ワクワク・ドキドキ』感と、中古車活用による循環型社会への貢献を両立させることで、ツーリングや日常の移動、非日常を高めるレジャー施設での運用などに幅広くご利用していただけます」

 見た目は、フロントに単眼ライトに加えて、障害物に対してのアンダーガード、太いパイプガードなどを採用。サイドには大きく張り出したフェンダー、リアにも太いパイプガードが備わっています。

 足回りは、フロントサスペンションが「マクファーソン式コイルスプリング」、リアサスペンションが「後端配置トーションビーム式コイルスプリング」を採用。

 ホイールはエム・エル・ジェイの「XTREME-J」、タイヤはミシュランの「XZX」が装着されていました。

※ ※ ※

 このような特徴を持つFun・COM エクスプローラーと今回公表された意匠で異なる点は、乗員を守るようなロールバーがクマれていることと、後方に荷物が収納出来るようなBOXが付いていることでした。

 果たして、Fun・COM エクスプローラーは市販化されることがあるのか、今後のトヨタ車体の動きにも注目です。

【画像】こりゃカッコいい! トヨタ「1人乗りオフロード」の画像を見る!(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 社会って本当に欲しいものは採算を考えるとなかなか販売されないよね。
    この車とか。話題のプリウス2座スポーツカーとか

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー