日産「新型スカイライン」まもなく発売 史上“最強”「匠の手組みエンジン」搭載! 旧車風デザインの「超特別モデル」 何が違う?

日産が2024年夏に発売を予定している「スカイラインNISMO Limited」は、どのような特徴があるのでしょうか。

匠による「スカイラインの集大成」がついに発売へ

 日産は2024年夏に、新型「スカイラインNISMO Limited」を発売します。
 
 通常モデルとはどのような点が異なるのでしょうか。

「スカイラインGTの集大成」が今夏発売
「スカイラインGTの集大成」が今夏発売

 スカイラインは1957年に登場した高級セダンです。後に2ドアクーペや5ドアステーションワゴンなども設定されています。

 歴代全モデルでハンドリングに優れたFR(後輪駆動)や、スポーティな味付けの6気筒エンジンを搭載し、国内におけるスポーツセダンの代名詞として知られています。

 現行型は2013年11月に発表された13代目で、モデルライフでは度重なる改良が実施され、ハイブリッド車の設定や先進運転支援「プロパイロット2.0」を搭載するグレードなどが用意されましたが、いずれも現在は消滅しています。

 現在は、3リッターV型6気筒ツインターボエンジン搭載車に絞られ、日産のセダンとしては国内唯一のモデルになりました。

 このうちスカイラインNISMOは、2023年9月に発売された特別仕様モデルです。日産モータースポーツ&カスタマイズ(NMC)が展開する「NISMO」ブランドによる専用チューニングが施されています。

 NISMOによれば、コンセプトは「The Skyline GT よみがえれ、羊の皮を被った狼」を提唱。NISMOによる「スカイライン GT」原点への敬意を示し、グランドツーリングカーとしての集大成を目指したといいます。

 ハイパフォーマンスグレード「400R」をベースに、出力を向上させ最大出力420馬力・最大トルク550Nmを発生。スカイラインとしては史上最強のスペックとなっています(ただしGT-R除く)。

 さらに、スーパースポーツ「GT-R NISMO」と同様のフロントウインドウ接着剤の使用によりボディ全体の剛性向上を図り、専用チューニングサスペンションやスタビライザー、トランスミッションをはじめとする各種制御も専用としています。

 エクステリアでは、レースで驚くべき活躍を見せた2代目スカイライン GT(S54A-1型)をはじめ、複数の歴代スカイラインをオマージュしたデザインに加え、「NISMOロードカー」シリーズに共通するステルスグレーを設定。各部にレッドアクセントを施しました。

 また、スクエア形状のロアグリルや専用フォグランプ、リアフォグランプなどはスーパースポーツカー「GT-R NISMO」(2024年・2025年モデル)や「フェアレディZ NISMO」と共通する、空力性能を追求した同様のデザインとなっています。

 インテリアでは、400Rをベースに上質で落ち着いた黒基調で統一。ドライバーシート周辺では、センターコンソールやステアリングにレッドアクセントを施し、ステアリングにはセンターマークもあしらっています。

 このほか、280km/h表示の専用メーターや、オプションとしてカーボン製加飾パネルとレカロ製スポーツシートを用意します。

 そしてスカイラインNISMO Limitedは、スカイラインGTの誕生60周年を記念した特別なモデルで、スカイラインNISMOをベースに、さらにこだわりと作り込みがなされたモデルです。

 GT-Rのエンジンを組み立てる横浜工場の匠ラインで、特別な資格を持つ匠が一つ一つを手組みで作り上げる高精度なエンジンを搭載。その証として、エンジン組み立て担当者を記した匠ラベルが貼付されました。

 エンジンは、バルブクリアランスを髪の毛の太さと同程度の20マイクロメートル差まで抑えることで、性能のバラつきを極限まで低減。

 エクステリアでは、ボンネットに専用デカールが貼付されたほか、艶消しガンメタリック塗装のホイールを特別装備しています。

 インテリアではレカロ製スポーツシート、およびカーボンパネルを装備し、20kgの軽量化を図るとともに、100台限定を刻印した専用シリアルナンバープレート、専用エンブレムを装着しています。

 さらに出荷検査でも特別走行メニューが追加されており、ATの変速精度が調整された状態で納車されます。

 新型スカイラインNISMO Limitedは100台の抽選販売(すでに終了)となり、価格(消費税込)は947万9800円。スカイラインNISMOに対し159万9400円高の設定となっています。

※ ※ ※

 なお、日産から次期スカイラインについてのアナウンスは2024年4月現在、一切されていない状況ですが、現行型が登場から11年目を迎えたことで、一刻も早いフルモデルチェンジが待たれています。

 そうしたなか、2024年3月に日産が発表した中期経営計画「The Arc」では、今後3年間で30車種の新型車を投入すると明らかにされるとともに、公開されたイメージ動画では、次期スカイラインを示唆させるモデルが登場しました。

 ボディ形状ははっきりとしないものの、スカイラインのアイデンティティである丸目4灯テールが強調して示されていることから、日産による何らかのメッセージとして捉えることもできます。

 次期スカイラインについても大いに期待したいところです。

日産・スカイライン のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! これが「新型スカイラインNISMO」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. NISMOに委託したスカイラインの魂は、いかがなものか?以前は国民をあげて1800〜2000GTまで、ハンドルを握りたい!と思うほど、身震いする魅力の車だった。今はどうだろう?!「スカイライン好きの人はGTRしかありませんねー。そっちをお買い求め下さい」そんな冷めたセールスコメントが聴こえてくるようだ。どうだろう、一度スカイラインたる物の歴史を再研究し、まだ、生存している、それらをリアルタイムで生きてきた日本人に教えを請うてみてはどうか。「本当のスカイラインを作りたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?」と。

  2. デザインも好き好きあると思うのですが
    高額だしてまで欲しいと思うモデルじゃないですよね?
    排気量も大きけりゃ維持費も高いし
    一般的な庶民が気軽に買える物じゃありませんね。
    頑張って買うとなってもGTRにするよねってなるかな?

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー