マツダ新型「“超凄い”ロードスター」公開! 2Lエンジン+幌+6MT仕様! 約590万円の「ガチガチスポーツカー」比に登場

マツダのフィリピン法人は、「MX-5(日本名:ロードスター)」の新たな特別仕様車「Autoexe Edition(オートエクゼエディション)」を公開、5台限定で発売しました。どのようなモデルなのでしょうか。

約590万円のスゴイ新型「ロードスター」公開

 マツダのフィリピン法人はAutoExe(オートエクゼ)製品の正規販売開始に先立ち、「MX-5(日本名:ロードスター)」の新たな特別仕様車「Autoexe Edition(オートエクゼエディション)」を公開、5台限定で発売しました。

ガチガチに固めました! マツダ新型「MX-5 オートエクゼエディション」
ガチガチに固めました! マツダ新型「MX-5 オートエクゼエディション」

 オートエクゼは「ミスター ル・マン」の愛称で知られる寺田陽次郎氏が1997年に設立したマツダ車用のチューニングパーツメーカー。

 ストリートで俊敏な走りを実現する「ストリートベスト」を追求した同社のパーツは日本全国のマツダディーラーで購入・装着できます。

 フィリピンでは2019年から独自レギュレーションのMX-5ワンメイクレースが開始されるなど、スポーティなモデルやチューニングパーツを求める声が高まっています。

 これを受け、マツダのフィリピン法人はオートエクゼ正規代理店として同社製品の国内導入を決定。各種パーツの発売に先駆け、新型MX-5オートエクゼエディションを発表しました。

 MX-5はライトウエイトスポーツカー「ロードスター」の海外名です。今回公開されたオートエクゼエディションのベースモデルは、日本未導入の2.0リッターエンジンを搭載したソフトトップの6速MT・左ハンドル仕様。

 タワーブレースセット、メンバーブレースセット、MTシフトノブ、カーボンキーカバーなど、11万5000ペソ(約31万円)相当のオートエクゼ各種チューニングパーツを装着したモデルとなります。

 タワーブレースセットは立体構造を採用したストラットタワーバーの進化版。既存のストラットタワーバー/フロアクロスバーの基本レイアウトを踏襲しつつ、ブレース本体の剛性を可能な限り高めた仕様となっています。

 メンバーブレースセットは、量産車に装備されるクロスバーを発展させたパーツです。アンダーフロア全体に3次元トラス構造のフレームを装着することで、ボルトオンパーツとしては最大レベルのシャシー剛性を獲得。両製品を同時装着することで、クルマ全体の剛性を大幅に高めます。

 MTシフトノブは、操作性を重視した直径51mmサイズの本革製。球形で手のひらに収まりやすく、上横どちらでも握れます。

 スポーティなレッドステッチやロゴをレーザープリントしたブラックアルマイトロゴプレートなど、細部の質感を高めた仕様としています。

 カーボンキーカバーはレーシングカーのボディなどに用いるオートクレーブ製法ドライカーボン製で、素材の質感を活かした手触りが魅力的。Autoexeのロゴが刻印されており、MX-5の標準アドバンストキーにフィットします。

 MX-5オートエクゼエディションの価格は220万ペソ(約590万円)。オプションでスポーツブレーキローターや強化サスペンションブッシュなども用意されます。

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「”超凄い”ロードスター」を画像で見る(19枚)(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー