黒すぎるトヨタ新型「ハイエース」発売! 斬新「マットブラック塗装」採用! めちゃ「オシャな商用バン」販売開始

トヨタグループのトヨタ・コニック・プロは、中古車のカスタムブランド「コーデバイ」第2弾として、商用バン「ハイエース」をベースにしたカスタムモデル「ハイエース ザ クルーバン」の発売を2024年3月28日より開始しました。

「シティライフ」「アウトドア」など多彩なカスタムメニューも用意

 2024年3月28日、トヨタ・コニック・プロは同社の展開する中古車のカスタムブランド「CORDE by」において、カスタムモデル「HIACE THE CREWVAN(ハイエース ザ クルーバン)」を発売しました。
 
 カスタマイズされたハイエースとは、どのようなモデルなのでしょうか。

人気商用バン「ハイエース」をベースにした「ハイエース ザ クルーバン」[写真はカスタムスタイリングパッケージ「OUTDOOR」搭載モデル]
人気商用バン「ハイエース」をベースにした「ハイエース ザ クルーバン」[写真はカスタムスタイリングパッケージ「OUTDOOR」搭載モデル]

 CORDE by(以下、コーデバイ)は、トヨタグループが手掛けるカスタム中古車ブランド。トヨタ販売店が点検・整備した保証付きの中古車をベースに内外装をカスタマイズし、新たな価値を付加したものです。

 既に第1弾として、ミニバン「ノア/ヴォクシー」(先代)や、ハイブリッドカー「プリウス」(3代目)などをベースにした「URBANATURE」が登場しています。

 今回発売が始まった新型ハイエース ザ クルーバンは、コーデバイの第2弾プロジェクトで、2023年10月開催の「ジャパンモビリティショー2023」で初公開された同名のコンセプトモデルを市販化したものです。

 商品企画は、トヨタが手掛ける新しい車の楽しみ方を生み出すプロジェクト「Drive Your Teenage Dreams.(DYTD:ドライブ ユア ティーンエイジ ドリームス)」と手を組み実施されました。

 新型ハイエース ザ クルーバンの最大の特徴は、マットブラックで統一されたボディカラーです。

 一般的な塗装と比べ、より優れた塗装技術が求められるマット塗装ですが、最新鋭の塗装環境と高い技術力を持ったサプライヤーと協業し、コーデバイ独自の品質基準を設定したうえで、熟練の職人の手で1台1台塗装し、高い品質を実現するといいます。

 またグリルやミラー、ドアハンドル、エンブレム、ホイールなどにはグロスブラック塗装を施し、アクセントとしました。

 カスタムメニューは、このマットブラック塗装と、ホワイトレターのTOYOTAロゴエンブレムを装着したSTANDARDパッケージを基本パッケージとし、さらに各ユーザーのスタイルにあわせたカスタムアイテムを選ぶことが可能です。

 なおコーデバイでは、オススメのスタイリングパッケージとして「CITY LIFE(シティライフ)」と「OUTDOOR(アウトドア)」のふたつの推奨カスタムメニューを用意しています。

 カスタムメニューの参考価格(消費税込み)は、STANDARDパッケージが155万3772円、CITY LIFEが293万1359円、OUTDOORが307万8924円となっています。

 このカスタムメニューの塗装・架装費用に、ベースとなる中古車の本体価格、オールペイントの塗装品質に仕上げるために必要な加修費用、諸費用などが加算されたものが支払総額となります。

 2024年の販売は年間生産台数上限の20台に限られ、そのうち先行4台の抽選販売受付を3月28日から4月22日で行います。

 その後の販売などについては、公式ウェブサイトなどで案内される予定です。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「黒すぎるハイエース」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー