いすゞ新型「スタイリッシュSUV」世界初公開へ 精悍「V型グリル」がめちゃカッコイイ! 新型「D-MAX」に大反響!? 25年に欧州から発売

いすゞが「バンコク国際モーターショー」で世界初公開する新型「D-MAX」BEVモデルについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

国内導入求める声も多し!

 いすゞ自動車(以下いすゞ)は2024年3月19日、タイで27日から開催の「バンコク国際モーターショー」で、バッテリーEV(BEV)の新型「D-MAX」参考出品車を世界初公開すると発表しました。
 
 この新型D-MAXについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

いすゞ新型「D-MAX」に熱視線!
いすゞ新型「D-MAX」に熱視線!

 いすゞの貨客兼用ピックアップトラックであるD-MAXは2002年に登場しました。欧州、中東、アフリカ、中南米、オセアニアなど100か国以上の国と地域で販売されているグローバル戦略車です。

 このうちタイでは1トン積みピックアップトラックとしてシェア45%、約18万台(2022年度)を販売するなど、主力モデルとなっています。

 現行型は3代目で、2019年10月に登場しました。プラットフォームはSUVの世界戦略車「MU-X」と共通です。

 エクステリアはウェッジシェイプの効いたボディデザインが特徴で、力強さと動きを表現。フロントフェイスにはLEDプロジェクターヘッドライトとV字型グリルを装備するなど、洗練されたイメージを与えています。

 インテリアはシボや加飾の質感に拘った上質な内装を採用し、クラスを超えた質感を実現しました。

 今回バンコク国際モーターショーで披露されるのは、D-MAXに設定されていなかったBEVモデルで、いすゞとしては初の1トン積みピックアップトラックのモデルだと言います。

 新型D-MAX BEVモデルは、ピックアップトラックのタフな基本性能はそのままに、商用・乗用の幅広いニーズに対応できるよう開発。

 新開発のeアクスルをフロントとリアに搭載したフルタイム4WDシステムにより、高い悪路走破性およびBEV特有のリニアな加速感と、低騒音・低振動を両立させました。

 また、既存のディーゼルエンジンモデルと同等の使い方もできるよう、高出力を発揮する電気モーターの採用や、堅牢なフレームとボディの設計により高い牽引能力を確保していると言います。

 パワーユニットはフロントに40kW、リアに90kWのモーターを搭載し、66.9kWhのリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、システム最大出力130kW・最大トルク325Nmを発揮。

 最高速度は130km/h以上で、最大積載量は1トン、最大けん引能力は3.5トンを確保します。

 新型D-MAX BEVモデルは、2025年のノルウェー投入を皮切りに欧州の一部地域から投入し、英国や豪州、タイなどの地域でも投入予定だと明かされ、各地域での使われ方やインフラ整備状況などを鑑み、展開を拡大すると説明しています。

 そんな新型D-MAX BEVモデルについて、SNSなどでは早速多くのユーザーが話題にするなど、注目の存在となっています。

「かっこいい」「マレーシアでD-MAX見たけどかっこよかったなぁ」「デザインはほかのピックアップトラックよりも良いと個人的には考えています」など、主にデザインについて評価するコメントが多く寄せられました。

 また、「さぁ、復活の狼煙を挙げる時が来た」「いすゞといえばビッグホーンやビークロスとか大型SUVは強かったんだから商用車だけでなく乗用車も頑張ってほしい」といった、一般ユーザー向けモデルの復活を希望する声も。

 さらに、「国内でのD-MAX販売強く要望します」「最近いすゞプラザにD-MAXを展示してますよね。このBEVもいずれ販売されるといいな」「D-MAX、昔から欲しかったんだけど日本でも売って」「日本国内でも需要があるのではないだろうか?」とD-MAXの国内導入を求めるユーザーも多いようです。

【画像】超カッコイイ! いすゞ新型「D-MAX」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー