スズキ新型「軽ワゴン」もうすぐ”日本一売れてる車”に!? オシャレな「SUV」タイプ追加も間近な新型「スペーシア」好調! 現首位「N-BOX」に肉薄した「理由」とは

2024年2月の新車販売ランキングに異変が起きました。長らくTOPを独占し続ける王者、ホンダ「N-BOX」の販売台数に、ライバルのスズキ「スペーシア」が急接近しているのです。何が起きているのでしょうか。

新型N-BOXの販売が伸び悩んだのは一時的な傾向にすぎない!?

 2023年もトップを獲得し、これで9年連続の軽自動車新車販売台数ナンバーワンとなった、ホンダの軽スーパーハイトワゴン「N-BOX」。軽のみならず、普通乗用車を含めた国産車全体においても、2022年と2023年の2年連続で首位を獲得する、まさに絶対王者となっています。
 
 しかし2月の軽自動車販売台数ランキングでは、ライバルのスズキ「スペーシア」がほぼ同等の販売台数に迫ってきました。年度末商戦の時期でもあり、各社の動きもにわかに活発になっているようです。

共にデビューしたばかり! 人気ジャンル「軽スーパーハイトワゴン」販売動向に変化アリ!?[スズキ新型「スペーシア」(左)/ホンダ新型「N-BOX」(右)]
共にデビューしたばかり! 人気ジャンル「軽スーパーハイトワゴン」販売動向に変化アリ!?[スズキ新型「スペーシア」(左)/ホンダ新型「N-BOX」(右)]

 冒頭で触れたように、日本で一番売れているN-BOXは、室内空間の広さはもとより、軽自動車とは思えない乗り心地や静粛性が魅力のモデルです。

 その人気は圧倒的で、例えば2023年の1年間の販売台数では、1位のN-BOXが23万1385台であるのに対し、2位のダイハツ「タント」は15万9392台と、2位の1.5倍近くも売れています。

 ちなみに3位は12万2275台を販売したスペーシアでした。

 そのダントツ1位のN-BOXが、2024年2月の販売台数では1万6542台と、1万5066台を記録した2位のスペーシアに肉薄される結果になっています。

 N-BOXは2023年10月に、スペーシアも同11月にそれぞれフルモデルチェンジしたばかりの新型車であり、条件はほぼ同じといって良いでしょう。

 トップを独占し続けた人気モデルが振るわない理由について、新車販売動向に詳しいディーラー関係者に聞いたところ「それぞれの納期が影響しているのではないか」とのこと。

 2024年3月中旬時点のN-BOXの納期は、ノーマルが1か月から2か月なのに対し、売れ筋となっているN-BOXカスタムが6か月程度かかっているといいます。

 先代モデルの場合ですが、メーカーによるとN-BOXの購入者のおよそ6割がカスタム、4割がノーマルを希望するとの話です。

 こうしたことから「長納期となる新型N-BOXカスタムを狙う顧客が集中したことで、2月は一瞬勢いが落ちたように見えたのではないか」と関係者は見解を示します。

 新型車のデビュー直後は、どのメーカーでもまず上位グレードの人気が高まる傾向があります。

 新型N-BOXカスタムも、一時的に7割近い初期受注のシェアを占めているのかもしれません。

 一方のスペーシアは、ノーマルが4割強、スペーシアカスタムが4割弱という比率で、残りは先代モデルのまま販売を続けるSUVテイストのオシャレなクロスオーバーモデル「スペーシア ギア」となっています。

【画像】めちゃカッコいい! スズキ「ウワサの新型“軽”SUV」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. うぇいー

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー