トヨタ「新型プリウス“スポーツ”」投入!? 今春投入の「ハイブリッドスポーツカー」に大変身の「フルトムス仕様」に大反響 市販化に期待高まる

トムスが発売予定のトヨタ「プリウス」のカスタムパーツについて、SNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

完全に「スポーツカー」に変身 販売に期待高まる

 トヨタ車のカスタムパーツを手掛けるトムスは、2024年春にトヨタのハイブリッドカー「プリウス」のカスタムパーツを発売します。
 
 このカスタムパーツは2024年1月開催のカスタムカーイベント「東京オートサロン2024」で初公開されたもので、公開当初より多くの反響が寄せられています。

「トムス プリウス」
「トムス プリウス」

 5代目となった現行プリウスは2023年1月に発売。初代から引き継いできた高い環境性能はそのままに、「一目惚れするデザイン」と「とりこにさせる走り」を兼ね備え、新たにスポーティさも打ち出したモデルとなりました。

 ラインナップでは、HEV(ハイブリッド)モデルに加え、3月にはシステム最高231馬力を発揮する高性能なPHEV(プラグインハイブリッド)モデルも発売されるなど、走行性能にも磨きをかけています。

 この最新型のプリウスをベースに、トムスはコンプリートカーのコンセプトモデル「トムス プリウス」を東京オートサロン2024で世界初公開しました。また2024年2月開催の「大阪オートメッセ」でも展示を実施しています。

 トムス プリウスは「ハイブリッドスポーツカー」をコンセプトとし、スポーティさを前面に押し出したプリウスの開発思想をさらに際立たせたカスタムを施したと言います。

「フロントスポイラー」はロアグリル周辺のブラックガーニッシュからワイドに広がったデザインで、スポイラー両端はエッジを効かせた形状としつつエアダクトを設けるなど、空力性能も確保。

「リアアンダースポイラー」も同様に、直線的なデザインを採用し、下部はディフューザー形状も用いることで、レーシングカーのような迫力を生み出しました。

 合わせてブラックの19インチ鍛造ホイール、車高調整式ユニット「Advox Sports(アドヴォックス スポーツ)」を装着(いずれもプロトタイプ)、トータルコーディネートのコンプリートカーに仕上げられています。

 トムスによると、このトムス プリウスに装備された19インチホイール、およびフロントスポイラー/サイドステップ/リアアンダースポイラーは「スタイリングパーツセット」として春に発売予定としています。

 車高調整式ユニット アドヴォックス スポーツも市販に向けて開発中とのことで、トムス プリウスと同様のカスタムが施せます。

 価格(消費税込)はスタイリングパーツセットが37万8400円(工賃・塗装費等別)、19インチ鍛造アルミホイールが10万1200円(1本)です。

※ ※ ※

 そんな“ハイブリッドスポーツカー”なるプリウスのカスタムパーツですが、SNSなどでは公開当初から多くの反響が寄せられています。

「超カッコイイ!」「プリウス乗ってますが、エクステリアに迫力が欲しかった。これはいい」「個性的で面白い」「もうこれスポーツカーやん」など、ベース車より大幅なイメージチェンジを果たしたことを評価する声が多く寄せられています。

「ちゃんと空力性能追求しててすごい」「燃費良くなるんじゃないの?」など、デザインだけでなく機能も両立している点を評価するコメントも。

 さらに、「高性能なPHEVがあるからパワトレもチューンしてほしい」「メカチューンもしたらもっと面白くなる」など、これまでトヨタ車のカスタムを手掛けてきたトムスならではの、パフォーマンス向上アイテムを待ち望む人もいるようです。

【画像】超カッコいい! トヨタ「プリウススポーツ」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ふーン マフラー4本とか5本じゃあ無いんだ?。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー