三菱の「ランエボ“クーペ”」!? 斬新ボンネット&流麗ボディがカッコイイ「2ドアモデル」! 次期型エクリプスな「C-RA」とは

現在は「アウトランダーPHEV」や「デリカシリーズ」など、電動化パワートレインと走破性の高さが売りのクロスオーバーモデルを得意とするメーカーという印象が強い三菱。そんな三菱ですが、2008年に開催されたデトロイトモーターショーでクーペのコンセプトカー「Concept-RA」を披露していました。どのようなモデルなのでしょうか。

三菱の「2ドアクーペ」!? 「Concept-RA」とは

 現在は「アウトランダーPHEV」や「デリカシリーズ」など、電動化パワートレインと走破性の高さが売りのクロスオーバーモデルを得意とするメーカーという印象が強い三菱。
 
 そんな三菱ですが、過去には「ランサーエボリューション」を代表とするハイパフォーマンスモデルや、「GTO」や「FTO」といったクーペモデルもリリースしていました。

ナニコレ超カッコイイ…三菱「Concept-RA」
ナニコレ超カッコイイ…三菱「Concept-RA」

 その三菱が2008年に開催されたデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「MITSUBISHI Concept-RA」は、スタイリッシュなクーペフォルムとランエボ譲りの4WDシステムを組み合わせたモデルとなっていました。

 当時、北米市場をメインに販売されていたクーペモデルであるエクリプスの次期デザインスタディとも言われたこのモデルは、ランサーエボリューションXにも搭載している車両運動統合制御システム「S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)」や、高効率トランスミッション「Twin Clutch SST」に加え、高出力・高効率の新開発クリーンディーゼルエンジンや、軽量化のためのアルミスペースフレーム構造など採用。

 このクリーンディーゼルエンジンは現在デリカD:5にも搭載されている2.2リッタークリーンディーゼルターボエンジンの4N14型で、150kW/420N・mを発生させるとアナウンス。

 ランエボ譲りのS-AWCのほか、ACD(アクティブセンターデファレンシャル)やAYC(アクティブヨーコントロール)に加え、アクティブステアリングやアクティブダンパーも統合制御することで、4輪の駆動力、制動力を高度にコントロールし、通常走行から緊急回避時まで様々な走行状況で駆動性能、旋回性、安定性を向上させ、ドライバーの操作に忠実な車両挙動を実現するとされています。

 エクステリアデザインは、「三菱自動車の技術のショーケース」をテーマとし、スタイリッシュなスポーツクーペのプロポーションの中に、S-AWCの効果を的確に路面に伝える大径の21インチホイールと、それを際立たせる力強いホイールアーチ、そして、外部に露出したクリーンで高性能な新開発クリーンディーゼルエンジンのエンジンカバーなど、特長的な技術を象徴にデザインしており、ドアにはコンセプトカーらしく上方に開くバタフライドアを採用していました。

 ただこのモデルは新型エクリプスとして登場することはなく、エクリプス自体も2012年に終売となり、三菱のクーペが消滅してしまったのは残念なところ。

 結果的にSUVに集中したことで販売面は好調となっていますが、往年の三菱ファンからしてみると1台くらいこのコンセプトモデルのようなクーペのラインナップが欲しいと思う人も多いのではないでしょうか。

【画像】超カッコイイ! 三菱の”ランエボクーペ”「C-RA」を画像で見る(30枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. ただの話題作り!こんな車三菱では絶対無理!
    三菱の経営陣達に合わせれば、こんな儲からない車使って誰が責任取るんだ?
    こういう人しか三菱には居ない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー