EVで「ロングドライブ」は楽しめる!? 「電池切れ」の心配は? 「航続可能距離」とは“にらめっこ”… 実際に試した印象は?

BEV(電気自動車)を相棒にして長距離旅行をすると、果たしてどんな旅になるのでしょうか。まだ雪の残る啓蟄の信州を、編集部がドライブして試してみました。

EVの「長距離ドライブ」どんな感じ?

 長距離のドライブは楽しいものですが、途中の給油はつきものです。しかし、これが充電の必要なバッテリーEV(BEV:電気自動車)となると、果たしてどんな旅になるのでしょうか。
 
 2024年3月上旬、まだ雪が残る信州で、スバルの最新BEV「ソルテラ」で往復700kmのドライブを敢行しました。

「EVの長距離旅行」 試した印象は
「EVの長距離旅行」 試した印象は

 ソルテラは、スバルとトヨタが共同開発したSUVタイプのBEVです。2022年5月に発売され、2023年10月に改良モデルが登場しています。トヨタでは「bZ4X」が兄弟モデルとしてラインナップされています。

 プラットフォームには、両社で共同開発したBEV専用プラットフォーム「e-SUBARU GLOBAL PLATFORM(イースバル グローバル プラットフォーム)」を初採用。さらに、先進運転支援システム「スバル セーフティ センス」や四輪制御「X-MODE」を搭載し、走行性能と安全性を高めています。

 改良では、楕円形状の「オーバルステアリング」を採用したほか、渋滞時のアシスト機能「アドバンストドライブ」やレーンチェンジアシスト、後方車両接近警報などが追加。

 さらに、回生ブレーキの効きをステアリングのパドルで選択できる機能やパワーシートのリクライニング角度変更などが実施されました。

 そんなソルテラだけでなく、BEVの多くのモデルの特徴として、モーターによるリニアな加速が挙げられます。

 例えば高速道路の合流や追い越しでは、通常のエンジンを搭載するモデルの場合、よほどのハイパワーモデルでなければ、アクセルを踏み増してキックダウン(低いギアに落とし、回転数を上げて出力を高めること)することが必要な状況も多くあります。

 しかし、キックダウンではワンテンポ加速が遅れることや回転数の高いエンジン音が室内に侵入することで、ストレスを感じるシーンも。

 さらに長距離・長時間走行すると、アクセルを踏み増す足の微細な動きであっても、度重なる動作で疲労を感じることもあるのです。

 対してBEVではアクセルを踏んでも静かなまま、すぐさま加速できるため、ストレスから解放された気持ちになります。

 特に、今回走行した中央道や上信越道では日本有数の山岳地帯を通るため起伏が激しく、同クラスのガソリンモデルでは、目一杯アクセルを踏まなければ加速できないと思われる箇所もありました。

 今回試乗したソルテラは、最高出力80kW・最大トルク169Nmを発揮するモーターをフロントとリアに搭載するAWDモデルです。静かながらも2.2トンもある車重を軽々と加速させ、余裕の加速を味わえました。

 静粛性についても、エンジンがないことで低速から高速まで一貫して静かな環境となっており、さらに微細な振動なども抑えられ、疲労度の少ないドライブが可能です。

 今回は標準モデルでしたが、ソルテラの上級モデル「ET-HS」では10スピーカーのハーマンカードンサウンドシステムが搭載されているほか、他のBEVでも高性能なサウンドシステムが設定されていることが多くあります。

 音楽を存分に楽しみながらのドライブを堪能しやすいことも魅力で、BEVならではの旅だと言えます。

 また、BEVでは重量物のバッテリーが搭載されます。

 重量のあるものを搭載することは本来ならデメリットになり兼ねませんが、車体中央に搭載すると重量配分に優れ、ハンドリングの良さと重心の低さにつなげることもでき、操縦性能を高められます。

 これによって高速道路では直進安定性だけでなく、横風にも強くなり、安心して走行できます。

 ソルテラの場合は、BEV専用プラットフォームのイースバル グローバル プラットフォームを採用し、床下のバッテリーも車体の骨組みの一部として利用することで、高い剛性を確保。安心して楽しく走ることできます。

 市街地から外れた山間部を縫うように走る国道や県道を巡ることも長距離ドライブの魅力ですが、ワインディングが続く道でも、アクセルレスポンスの良さと相まって、ついついハイペースになってしまうこともあります。

 こうしたBEVならではの特徴を活かしながらドライブするのも、ひとつの楽しみと言えます。

【画像】「えっ…!」 これが最新EVの「斬新ハンドル」です! 画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. bz4,ソルテラができそこないであるとの定評は、去年に確定してますよ
    そんなものが放置されたのは、既存カージャーナリズムがまともに評価試乗をしてないからでしょ。youtubueじゃ充電問題がさんざんupされてましたよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー