マツダの「3列ミニバン」復活に期待! 最新「マツダ顔」がカッコいい! 次期型「プレマシーCG」に“待望”の声集まる!

2018年に生産を終えたマツダのミニバン「プレマシー」次期モデルをイメージしてカーデザイナーが描いたレンダリング(CG)に対し、SNSなどではさまざまな意見が寄せられています。

コンパクトミニバンとして再生するのもアリ!?

 マツダの3列シートミニバン「プレマシー」は、1999年のデビュー以来3世代にわたって販売されましたが、2018年3月に生産を終了し、3列シートのラージSUV「CX-8」にバトンタッチしました。
 
 そんなプレマシーの次期型をイメージしてカーデザイナーが描いたレンダリング(CG)が、SNSなどで話題を集めています。

4代目登場に期待高まる! マツダ次期「プレマシー」の予想レンダリング[CG:Andras Veres]
4代目登場に期待高まる! マツダ次期「プレマシー」の予想レンダリング[CG:Andras Veres]

 プレマシーは、ミドルクラスのロールーフミニバンで、ホンダ「ストリーム」やトヨタ「ウィッシュ」、日産「ラフェスタ」などのライバルが2000年から2010年ごろにかけて続々と登場したことで、一定の市場を形成していました。

 しかし2010年に登場した3代目プレマシーは2018年に生産を終えています。

 ライバル各社も同様に次々に消滅し、現在の国産ラインナップにはこの手のロールーフのミドルクラスミニバンは存在していません。

 より背が高くて見晴らしが良く、乗り降りしやすいハイルーフのミニバンやSUVがユーザーから評価されるにしたがって、市場が消滅していったと考えられます。

 カーデザイナーであるAndras Veres氏は、そんな背の低いミニバンを復活させるべく、次期プレマシーのレンダリングCGを制作しました。

 5角形のフロントグリルや鋭い眼光のヘッドライトは「MAZDA6」や「MAZDA3」の意匠が取り入れられていますが、フロントからリアまでなだらかに弧を描くルーフラインは、歴代プレマシーをほうふつとさせます。

 あくまでもカーデザイナーが思い描いたレンダリングでしかありませんが、こうした造り込みの細かさから、現実味を感じさせるものとなっています。

 実際、プレマシーなどのミドルクラスは消滅してしまいました。

 しかしもう少し小さな全長4.3m級のコンパクトミニバンクラスでは、トヨタ「シエンタ」やホンダ「フリード」が根強い人気を集めており、ここに再参入するならチャンスはありそうです。

 例えば、2011年から2018年まで3代目プレマシーを「ラフェスタハイウェイスター」としてOEM販売していた日産と、ここで再び手を組むのもアリかもしれませんが、今のところそういった噂は一切聞こえてきません。

※ ※ ※

 そんな次期型プレマシーをイメージしたレンダリングに対し、SNSなどでは多くの反響が集まっていました。

 なかでも多かったのが、今なおプレマシー(やOEMモデルのラフェスタハイウェイスター)を所有しているという現オーナーの声です。

 愛車に対し「ちょうどいいサイズ感がイイ」「ミニバンとは思えない安定した走りが魅力」「手放せない」など、思い思いの「プレマシー愛」を語っています。

 また「乗り換えるクルマがない」「(メーカーが後継車だという)CX-8では大きすぎる」と嘆く声も多く、「(走行距離が)10万キロを超えましたが大事に乗ってます」など、やむを得ず現在のプレマシーを維持し続けている様子がうかがえます。

 そのため「ずっと待ってます」「最新の技術が積まれたプレマシーが見てみたい」など、次期プレマシー登場に期待を寄せる意見が多く見られました。

 果たしてこうしたマツダファンの期待に応えることができるのか、今後の動向から引き続き目が離せません。

【画像】めちゃカッコいい! マツダ「次期プレマシー!?」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー