トヨタ「“爆速”プリウス」実車公開! 新型「GRプリウス」の姿か!? 巨大ウイング&ワイドボディの「ド迫力マシン」マレーシアに登場

トヨタのマレーシア法人は、カーボンニュートラルに向けた「BEYOND ZERO」構想発表にあわせ行われたイベントで、「プリウス」をベースにしたレーシーなコンセプトモデル「Prius 24h Le Mans Centennial GR Edition」(ル・マン プリウス)を実車公開しました。

「ル・マン プリウス」は次期「GRプリウス」のプロトタイプ!?

 トヨタのマレーシア合弁会社、UMW Toyota Motor Sdn. Bhd.(UMWT)は2023年2月20日、トヨタの2050年までのカーボンニュートラルに向けた「BEYOND ZERO」構想を発表し、2月28日までテクノロジー パーク マレーシア(TPM)でイベントを開催しました。
 
 様々な電動モデルが出展されましたが、そのなかにハイブリッドカー「プリウス」をベースにしたレーシーなコンセプトモデル「Prius 24h Le Mans Centennial GR Edition」(以下、ル・マン プリウス)も展示されました。

めちゃ「カッコいい!」 トヨタのマレーシア法人が「BEYOND ZERO」イベントで公開した「プリウス」コンセプトモデル「Prius 24h Le Mans Centennial GR Edition」
めちゃ「カッコいい!」 トヨタのマレーシア法人が「BEYOND ZERO」イベントで公開した「プリウス」コンセプトモデル「Prius 24h Le Mans Centennial GR Edition」

 プリウスは、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとしてデビューして以来、燃費に優れた技術や最新技術を投入し25年・4世代に渡って進化を続けてきた「エコカー」の代表格といえるモデルです。

 2003年登場の2代目プリウスが採用した「5ドア+ハイデッキ」という未来感あるシルエット「トライアングルモノフォルム」を初採用し、横から見たときにゆるやかな三角形に見える独自の形状が「プリウスらしさ」のイメージを決定づけました。

 3代目ではこのシルエットをベースに、世界トップレベルの空力性能を達成。

 さらに4代目はプラットフォーム(車台)を刷新し重心を下げるとともに、走行性能が向上したことを示唆するアグレッシブなスタイリングを特徴としました。

 そして2023年に発売された5代目の最新型プリウスは「Hybrid Reborn(ハイブリッドリボーン)」をコンセプトに掲げ、新たな時代に向けた刷新を図っています。

 これまで培ってきた環境性能という強みに加え、「ひと目ぼれするデザイン」と「とりこにする走り」という新たな特徴を打ち出したのです。

 なかでもHybrid Rebornのアイコンとして、よりワクワクするエモーショナルなスタイリングを狙ったとトヨタでは説明します。

 モノフォルムシルエットを受け継ぎながら、より低く、よりワイドなプロポーションとする一方、シンプルかつ抑揚のあるスタイリングにまとめられました。

 そんな最新型の現行プリウスをベースに、TOYOTA GAZOO Racingがカスタマイズしたのがル・マン プリウスです。

 世界三大レースとも称される「ル・マン24時間」への感謝の意を込めたカスタムモデルで、ル・マンが100周年を迎える2023年6月に世界初公開されました。

 ワイドトレッド化され車幅が拡大されるとともに、空力特性を高めたエアロパーツとして、カーボン製の大型リアスポイラーやリアディフューザー、サイドスカート、カナードや、「GR」モデル共通の四角い大開口部を備えた専用エアロバンパー、カーボンボンネットなど、レース活動で得たノウハウを全面的に反映したデザインが施されています。

 TOYOTA GAZOO Racingではこれまで、コンパクトカー「ヤリス」をベースにした「GRヤリス」や、カローラスポーツをベースにした「GRカローラ」など、本格的なスポーツモデルを相次いで手がけています。

 こうした一連のGRモデルを想起させるル・マン プリウスの本格的な造り込みから、登場時には「次期GRプリウスのプロトタイプでは」と噂されました。

 ただし2024年3月現在、新型GRプリウスに関する情報はトヨタやTOYOTA GAZOO Racingから一切発表されていません。

 今回の展示でル・マン プリウスが再び姿を現したことで、市販化への期待が再び盛り上がりをみせそうです。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「“爆速”プリウス」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー