トヨタ新型「商用セダン&ワゴン」発表! 5速MT搭載の「カローラアクシオ/フィールダー」何が変わった? アンダー170万円から登場

トヨタが「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」を一部改良しました。どのように進化したのでしょうか。

MT車がまだ健在の商用車

 トヨタは2024年3月1日、コンパクトセダンの「カローラアクシオ」とステーションワゴンの「カローラフィールダー」を一部改良し発売しました。

トヨタ「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」が一部改良
トヨタ「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」が一部改良

 トヨタの看板シリーズである「カローラ」は、1966年に発売された初代以降、33年間も年間販売台数首位を守り、2021年にはグローバル累計販売5000万台を突破しています。

 2024年現在、12代目となったカローラシリーズは世界中でグローバル販売されています。

 そのなかで、11代目カローラとなるセダンの「カローラアクシオ」とワゴンの「カローラフィールダー」は、主にビジネスユーザー向けに展開され、継続販売されています。

 今回の一部改良モデルでは、まずHEV車とガソリン車(CVT)に、ICS(インテリジェントクリアランスソナー)を標準化。うっかりアクセルを踏み間違えたり踏みすぎたりした場合などに、前方の障害物を検知してブレーキを自動発動させます。

 またガソリン車(MT車)には、バックモニターを標準で新設。

 エクステリア面では、HEV車で、アクシオはラゲージドア、フィールダーはバックドアにある「HybridSynergyDrive」のバッジが「Beyond Zero」バッジに変更されています。

 ちなみに2022年の一部改良ではシート表皮を一新し、堅牢かつ上質なモダンさが表現されています。また、スマートフォンが置けるパーキングブレーキレバー横トレイ、充電用USB端子(Type-C)も新設し、全車に標準装備となっていました。

 エンジンは5速MT車の場合、最高出力109PS・最大トルク138Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンを搭載。

 他のグレードとして、2WDハイブリッド、ガソリン車CVT(2WD・4WD)をラインナップしています。

 ボディサイズは、全長4400mm×全幅1695mm、ホイールベースは2600mm。アクシオは全高1460~1485mm、フィールダーは全高1475~1500mmです。

 車体色は、スーパーホワイトII、シルバーメタリック、ブラックマイカ、アバンギャルドブロンズメタリック(アクシオ)、ダークブルーマイカメタリック(フィールダー)を設定。

 価格(消費税込み)は、カローラアクシオが163万9600円から220万5600円、カローラフィールダーが178万6400円から235万9000円です。

トヨタ・カローラアクシオ のカタログ情報を見る

トヨタ・カローラフィールダー のカタログ情報を見る

【画像】えっ…!? これが新型「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」です。画像を見る

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 5ナンバーなのに商用なのかよ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー