三菱「新型“2人乗り”軽バン」実車公開! アンダー135万円から買える!? 斬新“窓なし”仕様もある「超静音モデル」は競合他車とどう戦うのか

三菱は、第4回 脱炭素経営EXPO【春】にて、新型軽商用EV「ミニキャブEV」を実車展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

三菱新型「軽商用バン」実車公開

 三菱は、2024年2月28日から3月1日にかけて東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された第4回 脱炭素経営EXPO【春】で、2023年12月21日にも発売されたばかりの新型軽商用EV「ミニキャブEV」を実車展示しました。

カクカクデザインがカッコイイ! 新型「ミニキャブEV」
カクカクデザインがカッコイイ! 新型「ミニキャブEV」

 新型ミニキャブEVは、軽商用EVとして12年間で、約13千台(2023年10月末時点)の販売実績を持つ「ミニキャブ・ミーブ」をベースに同車の開発・メンテナンスで得られたノウハウを最大限に活かして大幅改良し、航続距離の向上や、安全装備・機能装備の拡充を図ったニューモデルです。

 モーターや駆動用バッテリーなど電動系コンポーネントを新世代化し、一充電あたりの航続距離を先代モデル比で約35%増となる180km(WLTCモード)に延長。

 AC200V(15A)での普通充電では約7.5時間で満充電となり、業務終了後に充電すれば、翌日の業務開始時には満充電状態で使用可能になる計算です。

 新採用のモーターは走り出しから最大トルクの195N・mを発生するため、荷物をたくさん積んで重くなった状態でも、電気自動車ならではのスムーズかつ力強い走りでストレスなくキビキビと走行することが可能。

 また、新型モーター・インバーターを採用するとともに一体化構造とすることで、先代モデルよりさらに高い静粛性を実現し、早朝や深夜でも周囲に気兼ねなく走行することができます。

 グレード展開は、2シーターと4シーターの2種。ボディカラーは、ホワイトソリッドとスターリングシルバーメタリックの2色展開です。

 今回展示された新型ミニキャブEVは、そんな同車の中でも2シーターのモデル。価格は243万1000円からです。

 また電気を車両からいつでも取り出せる、オプションのアクセサリーコンセント(AC100V、最大1500W)が装備されていました。

 三菱の担当者はこのクルマについて、以下のようにコメントしています。

「現在大きな反響を頂いているところです。競合他社も今年から参戦してきますが、三菱にはミニキャブ・ミーブで培った技術があるので、耐久性などでは負けない自信があります。

 また、2シーターと4シーターでは、4シーターをご要望いただくことが多いです」

※ ※ ※

 新型ミニキャブEVの価格は前述の通り243万1000円から。一見高いように見えますが、国の補助金が一律55万円受けられるので、実質188万1000円からと見ても良いでしょう。

 また、東京都内で登録する場合は、都の支援制度でさらに45万円、そしてメーカーの販売実績などに応じて評価が変わる「メーカー別上乗せ」を最大限である10万円受けられるため、133万1000円からとなります。

 ここまでくれば、ガソリンエンジン車の「ミニキャブバン」と比較しても、ミドルグレードと同様の金額となります。十分検討が可能な価格になるのでは無いでしょうか。

三菱・ミニキャブミーブ のカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! 三菱「新型軽バン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー