ケンウッドが電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源「IPB01K」を発売

JVCケンウッドがKENWOODブランドより、電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源の新ラインナップとして「IPB01K」を3月下旬に発売すると発表しました。

カー用品店などを中心に販売

 JVCケンウッドがKENWOODブランドより、電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源の新ラインナップとして「IPB01K」を3月下旬に発売すると発表しました。

KENWOODポータブル電源「IPB01K」は電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源の新ラインナップ
KENWOODポータブル電源「IPB01K」は電気自動車の再生バッテリーを利用したポータブル電源の新ラインナップ

「IPB01K」は、車載用バッテリーの耐久性を生かし、-20℃~60℃の温度範囲で動作が可能。季節を問わず、車内での使用や保管ができるとしています。

 また、自己放電が少なく長期保管が可能で、約2000回の繰り返し充電にも対応しており、災害などに備える非常用電源にも適しています。

 さらに、電気自動車のバッテリーをリユースしているため、新たにバッテリーを製造するためのCO2も発生せず、脱炭素社会の実現にも貢献するといいます。

「IPB01K」は、カーナビゲーションやドライブレコーダーなどを商品展開している「KENWOOD」ブランドのモデルとして、カー用品店などアフターマーケットを中心に販売が行われます。発売時期は2024年3月下旬、価格はオープン価格となっています。

「IPB01K」
充電池容量:633Wh/AC出力:600W/充電時間:約9.5時間(ACアダプター使用時)/重量:14.4kg/DC出力口数:1/AC出力口数:2/USB出力口数:4(USB-A×2口、USB-C×2口搭載)/ソーラーパネル対応

【画像】KENWOODのポータブル電源「IPB01K」を見る!

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー