トヨタが4人乗りの「86オープン」実車展示! 屋根がナイ…どうして!? 「86ワゴン」と同時に公開! どんなクルマ?

トヨタ博物館は、幻の1台と言える「FT-86 Open Concept(オープンコンセプト)」の実車を展示します。

スポーツクーペの「86」にオープン仕様があった?

 2024年2月14日から5月6日までトヨタ博物館は、幻の1台と言える「FT-86 Open Concept(オープンコンセプト)」の実車を展示します。
 
 86と言えばクーペですが、オープンコンセプトとはどのようなモデルだったのでしょうか。

幻のFT-86 Open Concept(オープンコンセプト)」の実車を展示
幻のFT-86 Open Concept(オープンコンセプト)」の実車を展示

 世界各国で行われるモーターショーでは、様々なコンセプトモデルがお披露目されています。

 メーカーが近い将来に市販化するものや、技術力やデザイン力をアピールするためのものなど、様々です。

 その中の1台が今回トヨタ博物館で展示される「FT-86 Open Concept」(以下、FT-86 オープン)となります。

 2013年3月に開催された「ジュネーブモーターショー2013」で世界初公開されたFT-86 オープン。

 同年11月の「第43回東京モーターショー2013」でも日本初公開され、大きな話題となりました。

 FT-86 オープンは、将来のスポーツカー像を見据えたスタディモデルとして、2012年に登場したトヨタ「86(ハチロク)」をベースにソフトトップ仕様へとカスタマイズされた個体です。

 トヨタによれば「ベースの86が持つ『運転の楽しさ』や『クルマとの一体感』はそのままに、オープンカーならではの『自然との一体感』を味わえる走りが魅力」と説明していました。

 FT-86 オープンのボディサイズは、全長4240mm×全幅1775mm×全高1270mm。

 右ハンドル仕様と左ハンドル仕様が製作されており、電動開閉式のソフトトップは実際に動かすことが可能です。

 デザインとしては、86の流れるような美しいスタイルはそのままにルーフ加工によりオープン化。さらにボディカラーは「フラッシュレッド」のボディカラーを採用。

 インテリアは、ホワイトとブラックのコントラストが際立つ明るい2色を配色し、全体のプロポーションを際立たせています。

 その他、シートのステッチにもホワイトアクセントを採用していました。

※ ※ ※

 今回のトヨタ博物館の展示では、FT-86 オープンと同時に「86 SHOOTING BRAKE CONCEPT(シューティングブレーク コンセプト)」の実車を展示します。

 これは過去にトヨタオーストラリアが製作したものです。

 なお貴重な2台の86が見られるとあり、SNSでも話題となっています。

【画像】「えっ…!」これが86オープンの画像です!

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー