めちゃすごい…!? 日産「スカイラインGT-R」実車展示! 3億円の「トミーカイラR-Z」反響は?

3億円という値が付けられた「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」にはどのような反響が寄せられたのでしょうか。

これすごい珍しいR34です。

 わずかな台数しか生産されなかった日産「スカイラインGT-R(BNR34)」のコンプリートカーが東京オートサロン2024に展示されました。
 
 3億円という値が付けられたそのコンプリートカーには、どのような反響が寄せられたのでしょうか。

「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」に対する反響は?
「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」に対する反響は?

 そのクルマはGT-R専門店「クラフトスポーツ」が出展した、「スカイラインGT-R Vspec トミーカイラR-Z」です。

 トミーカイラR-Zは「トミーカイラ」が、スカイラインGT-R(以下R34 GT-R) をベースに作られました。

 エクステリアもGT-Rのブリスターフェンダーをさらに拡幅したフェンダーと開口部の広いバンパーに換装することで迫力あるデザインと走行性能の向上に努めています。

 ブリスターフェンダーに収められるタイヤは275/30ZR19のワイドサイズで、サーキット走行を前提としたクルマということもあり、市販車では希少な軽量マグネシウムホイールが用意されました。

 ブレーキローターとキャリパーはAPレーシング製を採用し、抜群のストッピングパワーとコントロール性能を得ています。

 限りなくレーシングカーに近づけるセッティングのため、リアウイングは強力なダウンフォースを得られるように大型化され、ウイングフラップも3つの構成です。

 インテリアは速度の視認性向上のために大型のデジタルスピードメーターに変更されており、シフトタイミングを逃さないように最適なシフトアップポイントを知らせるインジケーターも装備されています。

 トミーカイラがR34 GT-Rをベースにしたコンプリートカーは3種類あり、「R」、「R-S」、「R-Z」があります。

 スタンダードなRでも最高出力は370ps、最大トルクも42.5kgも発揮していました。

 さらにR-Zは、R34 GT-Rの2.6リッターDOHCツインターボをさらに100cc排気量アップした2.7リッターに、さらに専用クランクシャフトや専用タービンなど手を加えることで、出力は530馬力、トルクは54.52kgまで高められました。

 トミーカイラRシリーズのなかでも最高峰のR-Zは、当時の新車価格はスタンダードのGT-Rのおよそ2倍である1050万円ということ、さらに 正式なアナウンスはありませんが、トミーカイラR-Zは生産台数が極端に少なく数十台ほどといわれています。

 今回の個体は、色はベイサイドブルーでサイドにはトミーカイラの象徴であるデカールが一面にプリントされています。

 さらに走行距離2万2372kmと、年式の割にはあまり走っていない個体ですが、東京オートサロン2024での展示ではどのような反響が寄せられたのでしょうか。クラフトスポーツの担当者は以下のように話します。

「弊社でもほとんど入手したことがない希少車ということもあり、多くの来場者からお声がけを頂きました。

 また街中でもみかけることのないクルマなので、展示の際の移動中に窓を開けると同業者から顔を入れられて車内を覗かれたほどです」

 幻のコンプリートカーに同業者からも羨望のまなざしで見られていたようです。

 また、それ以外ではどのような反響があるのでしょうか。前出の担当者は以下のように話します。

「すごい反響でとくに同業者からお声掛けを多数いただいております。

 NISMOフェスティバルに展示した際にも、開発を担当したトミーカイラのスタッフが食い入るように見られていました」

※ ※ ※

 東京オートサロン2024では、R34 GT-Rの最終仕様「VスペックII ニュル」や、日産「スカイラインGT-R(BNCR33)」ベースの「NISMO 400R」も展示されたことも話題となりました。

 今回の展示以降、クラフトスポーツでは第2世代GT-RやR35 GT-Rの中でも特殊な車両の買取依頼が増えてきたとのことです。

【画像】これが3億円の「スカイラインGT-R」です。画像を見る! (30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー