滑りやすい路面でこそ真価を発揮する日産の先進技術「e-4ORCE」と「e-POWER」 日産車を雪上で試乗し感じたことは?

日産が主催する雪上試乗会が、長野県の立科町にある女神湖周辺で行われました。滑りやすい雪上で、日産車はどのような走りをみせるのでしょうか。

雪上でさまざまな日産車を試乗

 冬になると、自動車メーカーは自動車メディア向けに雪道での試乗会を開催することがあります。その理由は、滑りやすい路面を走ることでクルマの能力が手に取るようにわかるから。いつもとは違う一面が見られるのです。

雪上で試乗した「アリア e-4ORCE」
雪上で試乗した「アリア e-4ORCE」

 雪道は滑りやすく、車両の能力の限界が舗装路とは比べものにならない低い次元で訪れます。そんな環境で車両の挙動をチェックすれば、舗装路では見られないようなそのクルマの素性が明らかになるというわけです。もちろん、純粋に雪道での自社製品の走りの様子を筆者(工藤貴宏)のようなメディア側の人間に知ってほしいというのもあるでしょう。しかし限界性能が露呈する以上、そんな状況でもしっかり走れる(ライバル以上に性能が磨かれている)という自信があってこその雪上試乗会開催なのです。

 というわけで先日、長野県立科町にある女神湖周辺で行われた、日産が主催する雪上試乗会に出かけてきました。

 日産は例年、雪よりもさらに滑りやすい凍った湖の上(氷上)でメディア向け試乗会を開催していましたが、今年は諸事情(湖の氷のコンディションが整わなかったこと)により雪上へシフト。そのおかげで、氷上よりもリアルワールドに近い雪上での試乗がかなったというわけです。

 ちなみに試乗車はいずれもスタッドレスタイヤを装着している以外は、市販車そのままの状態。まずは「SERENA e-POWER(セレナ イーパワー)」で白銀の世界へ出発しました。

さっそく「セレナe-POWER」で白銀の世界へ

 e-POWERとは「シリーズ式ハイブリッド」の日産の呼び名。シリーズハイブリッドはエンジンで発電した電気を使ってモーターを回して駆動力とする仕掛けで、エンジンは直接的な駆動力を生むことなく発電機としてのみ機能します。

 そんなハイブリッドを搭載するセレナe-POWERは雪道でいったいどんな走りをするのでしょうか?

「セレナ」はFFだが、滑りやすい路面でアクセルを強く踏み込んでもホイールスピンすることなくスムーズに発進する
「セレナ」はFFだが、滑りやすい路面でアクセルを強く踏み込んでもホイールスピンすることなくスムーズに発進する

 正直に告白すると、滑りやすい雪道でのe-POWERのメリットは発進から思わぬ形で実感できました。滑りやすい路面でアクセルを強く踏み込んで発進しても、スルスルとホイールスピン(タイヤの空転)の片りんも見せることなくスムーズに発進&加速するからです。このスムーズさは想定外で、あまりのトラクションのよさに「もしかして4WDなのか?」と思ったのはここだけの秘密にしておきましょう(セレナe-POWERは現時点ではFFのみで4WDは販売されていません)。

 どうして滑りやすい路面でもスムーズに発進できるのか? その答えは、試しにスタビリティコントロール(電子制御でスリップを防ぐシステム)をオフにしてみたらわかりました。オフにしてアクセルを踏み込んで発進すると一般的なエンジン駆動のFF車と同様に盛大なホイールスピンが発生し、クルマは思うように前へ進んでくれません。また、発進してもその後の加速ではハンドルが右に左に振られるからそれを抑え込むのが大変。いかに電子制御の効果が高いかを感じる結果となるのです。

 何を隠そう、筆者がスタビリティコントロールをオフにしてタイヤの空転を抑えるべくどれだけ丁寧なアクセル操作をおこなったところで、スタビリティコントロールをオンにした状態の加速度にはかないませんでした。スリップを緻密に制御するから最大限の効率でパワーを路面へ伝え、運転しやすさが全然違います。結果としてe-POWERはとにかく疲れません。

 とはいえ、一般的なガソリン車やハイブリッドカーだとスタビリティコントロールが介入してもここまでスマートには発進・加速できません。ホイールスピンこそ抑えるものの、効いていることが明らかに伝わってきますよね。しかしe-POWERだとスムーズ過ぎて効いていることがわからないのです。まるで狐(きつね)につままれたような気分ですが、e-POWERは明らかに滑らかさがガソリン車や一般的なハイブリッドカーとは違うことを滑りやすい道で運転した誰もが感じ取れることでしょう。

 実は、それこそが滑りやすい路面におけるe-Powerの大きなメリット。モーターはエンジンに比べるとタイヤの空転を抑え込む制御を綿密におこなうことができます。そのモーターのトルク制御の緻密さは、なんと1万分の1秒というレベル。大切なので繰り返しますが、e-POWERはガソリン駆動車では絶対にまねできないレベルの制御をおこなっているのです。だから滑りやすい路面での発進と加速が空転知らずでスムーズというわけでした。

 一般的なスタビリティコントロールは、タイヤが数回空転してから制御が入ります。いっぽうe-POWERだとタイヤが4分の1ほど空転すれば制御が入るので、ドライバーはタイヤの空転を感じないというわけです。

 ただ、そんなe-POWERでも絶対的なグリップはガソリン車と変わらないので、上り坂での発進などはFFだと限界があります。ときどき雪道を走る程度ならFF車でも「意外とイケる」のですが、本格的な降雪地域だとやはり4WDが欲しくなるところ。現在はFFしかないセレナe-POWERですが、4WDの登場に期待したいところですね。

【画像】日産雪上試乗の様子を見る(48枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

1 2

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー