2億4000万円超え!? レクサスの「和製スーパーカー」登場! 迫力エアロ&鮮烈オレンジ採用! まさかの“激レア仕様”米で落札

貴重なレクサス「LFA ニュルブルクリンクパッケージ」がアメリカのオークション「Barrett Jackson(バレットジャクソン)」に登場。最終的には165万ドル(約2億4400万円)で落札されました。どのようなモデルなのでしょうか。

レクサス「LFA」が2億円超えで落札!

 2024年1月20日からアメリカのオークション「Barrett Jackson」で「Scottsdale 2024」が開催。とあるレクサス「LFA」が165万ドル(約2億4400万円)で落札されました。

2億4000万円超え…落札されたレクサス「LFA」(Photo:Barrett Jackson)
2億4000万円超え…落札されたレクサス「LFA」(Photo:Barrett Jackson)

 トヨタが1990年頃から北米市場で、高級ブランドとして展開している「レクサス」は、現在日本にも導入され、国産車のラグジュアリーブランドとしてシェアを獲得しています。

 そのレクサスの中で、特に高い知名度を誇るのがLFAです。LFAは2010年から2012年に生産されたスポーツカーで、最終的には500台が生産されました。

 パワートレインは、ヤマハと共同開発した4.8リッターV型10気筒エンジンと6速オートメーテッドシーケンシャルギアボックスを組み合わせ搭載。最高出力560馬力、最大トルク48.9kgf-mを発揮します。

 しかし今回オークションに登場したLFAは、その中でもわずか64台しか生産されなかった「ニュルブルクリンクパッケージ」を装備したハイパフォーマンスモデルです。この名前は、LFAの先行量産型がニュルブルクリンク24時間レースで好成績を収めたことから付けられました。

 カーボンファイバー製のカナードや固定スポイラーといったエアロパーツ、20インチのBBSホイールなどを装備。さらにエキゾーストアウトレット、サイドエアインテークなども備えています。

 また、サスペンションはニュルブルクリンクパッケージ用に専用調整。車高は10mm低くなっています。

 ボディカラーはオレンジ。いかにもサーキットモデルらしいスタイルながら、車内には10段階に調整可能なヒーター付きシートを装備しているほか、車体などの状態も良く、まだまだ十分快適に走行できそうです。

 国内外で人気を集めるLFAは、2023年のオークションに出品された際も、約1億円で競り落とされていました。通常モデルであれば、その相場は1億円前後のようです。

 しかし今回のLFAは、最終的に165万ドル(約2億4400万円)で競り落とされました。米国仕様車の「LFA ニュルブルクリンクパッケージ」は25台しかないそうなので、コレクターからアツい支持を集めているようです。

【画像】「えっ…!」これが”2億4400万円”のレクサス「和製スーパーカー」です!画像で見る(84枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー