トヨタ「高級2ドアクーペ」実車展示! 2.8L直6搭載の「スペシャルティカー」 市場には「1000万円級」個体も!? ソアラとは

トヨタのスペシャルティカーとしても知られる「ソアラ」。その初代はどのようなモデルなのでしょうか。

トヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカー「ソアラ」とは

 トヨタの高級パーソナルカー「ソアラ」は、どのような特徴があるモデルだったのでしょうか。

トヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカー「ソアラ」とは(撮影場所:トヨタ産業技術記念館)
トヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカー「ソアラ」とは(撮影場所:トヨタ産業技術記念館)

 ソアラは、初代(1981年-1986年)、2代目(1986年-1991年)、3代目(1991年-2001年)、4代目(2001年-2005年)に発売されました。

 なお2005年にレクサスが日本上陸を果たした際にソアラは「レクサス・SC」という車名に変わったことで、日本においてソアラという車名は姿を消しています。

 そんな歴史を持つソアラとはどのようなクルマなのでしょうか。

 初代はトヨタが初めて手掛けた高級パーソナルカーで、スペシャルティカーの代表的存在としても知られています。

 ボディサイズは全長4655mm×全幅1690-1695mm×全高1360mm、ホイールベース2660mm。

 その見た目はロングノーズ&ショートデッキの「2ドアバッククーペ」となり、細いリアピラーなどが特徴的でした。

 さらに室内には、デジタルスピードメーターやLEDタコメーター、マイコン制御式オートエアコンなど、様々な機能が採用されています。

 後には、最上級グレード「2800GTリミテッド」として、専用本皮革バケットシートや専用2トーン色、テクニクス製オーディオなどを装備した仕様も登場。

 パワートレインは、当初2リッター/2.8リッター直列6気筒エンジン車をラインナップ。その後ターボ仕様や3リッター車が追加されました。

 生産終了から40年弱が経過する初代ですが、現在でも走行距離が少ない極上個体が存在します。

 そのひとつは、中古車情報サイト上で車両価格955万円で流通しているもので、修復歴なしかつ走行距離は6000kmの「2800GT」。

 見た目もフルノーマルとなり、内外装にも日焼けの痕跡が見られないようです。

 昨今、1980年代から2000年代までの日本車が海外で高値を記録しています。

※ ※ ※

 なお初代は「トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)」などに実車が展示されています。

 その他、トヨタ/レクサス車のサブスクリプションサービスを展開するKINTOでは古いトヨタ車に乗れる「ビンテージクラブ by KINTO」を展開。

 そのラインナップには、「ソアラ 2800GTリミテッドエディション(1982年式/AT)」もありため、昔を懐かしみたい人には良い思い出になるかもしれません。 

【画像】「えっ…!」これが1000万円級「2ドアクーペ」 画像を見る!(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー