2.0Lエンジン搭載! マツダ新型「ミアータ」発表! 540万円超え「GT」仕様アリ! MT設定車はより進化した「コンパクトスポーツカー」米に登場

2024年1月25日、マツダのアメリカ法人は、大幅改良した小型オープンスポーツカー「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)の新価格を発表しました。どのようなモデルなのでしょうか。

マツダ新型「ミアータ」430万円から!

 2024年1月25日、マツダのアメリカ法人は、大幅改良した小型オープンスポーツカー「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)の新価格を発表しました。

超カッコイイ! マツダ新型「MX-5 ミアータ」
超カッコイイ! マツダ新型「MX-5 ミアータ」

 MX-5 ミアータは1989年5月にアメリカでデビュー。現行モデルは4代目(2015年~)にあたり、初代からの累計生産台数は120万台以上を記録しており、2人乗り小型オープンスポーツカーの代表格として不動の地位を確立しています。

 2024年モデルの改良は、昨年10月に日本で発表された内容を基本的に踏襲するもので、多岐にわたります。

 エクステリアでは、まずライトのLED化が挙げられます。カバーの形状自体は変わらないものの、内部を立体的なデザインとすることで、より鮮明な印象を与えています。

 ホイールは新デザインとなり、ボディ色に「エアログレーメタリック」が新たに設定されたのも2024年モデルの特徴です。

 インフォテイメントディスプレイは7インチから8.8インチへ大画面化。マツダ初となるAlexaとの統合も行われ、エアコンやオーディオを音声でコントロールできるようになりました。また、センターコンソールサイドにはソフトパッドを採用するなど、快適性を高めています。

 ダイナミクス性能では、旋回挙動を安定させる新開発のアシンメトリックLSDを採用。電動パワーステアリングおよびエンジンパフォーマンスフィールの進化とあわせて、ロードスターならではのリニアで軽快な走りに磨きをかけました。

 またMT車にはサーキット走行に最適化したダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)の新制御モード「DSC-TRACK」を追加しています。

 グレード展開はアメリカ仕様ならではの内容で、「スポーツ」「クラブ」「グランド ツーリング」となっています。

 クラブにはビルシュタイン製ダンパー、BBSホイール、RECAROシート、エアロパーツをセットにしたパッケージオプションを設定。また、グランドツーリングは内装色をブラックからタンに変更することができます。

 エンジンには、日本ではRFモデルにしか設置されない最高出力181馬力を発揮する2リッター直列4気筒エンジンを搭載します。

 価格はソフトトップ仕様が2万8985ドル(約430万円)から、RFが3万7010ドル(約545万円)からとなっています。

【画像】超カッコイイ! マツダ新型「ミアータ」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. マツダのrxやロードスターのボディを換装した車が海外から出ているが、(例 アバルト)
    いい加減マツダも「デザインがダメ」っての気づいたほうがいい。
    鼓動はもう飽きられているが、過去の成功体験でデザイン部門が発言力を持ってしまっている。
    全く新鮮味がないが、車の大きさや作りそのものは海外で評価されている。非常に惜しい。

  2. カナダの次は米国ですか?
    国内販売するわけではない車を、あたかも国内向けのような日本円価格書いたり、タイトルで誤誘導するの、もう飽きられてますけど。
    もう少しまともな記事書かないと、潰れますよ。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー