トヨタの「”SUV”商用車」実車公開!? めちゃタフ顔が超カッコイイ! 鮮烈ブルーのアゲアゲ「プロボックス」とは

2024年1月12日から14日まで開催された「東京オートサロン2024」では、商用バンのトヨタ「プロボックス」をベースにしたカスタムカーの姿も多く見られましたが、なかでも「オーバーランドスタイル」とアゲ系カスタムを融合する独自性の高いモデルが注目されました。

オバフェンはなくとも「タフ感」十分な「オーバーランドスタイル」を確立

 近年、さまざまなカスタムが見られるようになったトヨタの商用バン「プロボックス」。
 
 2024年1月12日から14日まで開催された「東京オートサロン2024」では、オーバーランドスタイルのプロボックス「AGEBOX OVERLAND STYLE」が登場し注目を集めました。どのようなモデルなのでしょうか。

もはや「ハイラックス」にしか見えない!? カスタムモデルの正体とは!?
もはや「ハイラックス」にしか見えない!? カスタムモデルの正体とは!?

 商用ライトバン市場で高いシェアを誇る、いわば「営業マン御用達(ごようたし)」の人気モデルであるトヨタ「プロボックス」は、帰社を急ぐ営業車の速さを揶揄(やゆ)し「公道最速マシン」などと称されることもあります。

 一方で高い積載性と実用性、飾らない内外装なども好まれ、近年はアウトドアを楽しむユーザーからも注目を集めています。

 新車でももともと低価格な設定ですが、さらに安価な中古車の流通量が多いこともその人気を後押ししているようです。

 そのため、カスタムカーのベースとしても好評を博しており、近年の東京オートサロンでもプロボックスをベースとしたカスタムカーが多数登場し、すでに新たなカスタムカーの定番車としても注目度を高めています。

 そんななか、スズキ「ジムニー」や「キャリイ」「ハスラー」など、スズキ車の “アゲ系“ カスタムカー・コンプリートカー製作で名を馳せる徳島県のアウトクラスは、東京オートサロン2024で新たにプロボックスのカスタムカー「AGEBOX OVERLAND STYLE」を展示しました。

 AGEBOX OVERLAND STYLEは、アウトクラスらしくリフトアップするアゲ系カスタムが施されているだけでなく、車名の通り「オーバーランドスタイル」で仕上げられていることが特徴です。

 オーバーランドとは、屋根上に載せたルーフテントで寝泊まりしながら、遠くまで走るスタイルのこと。

 道無き道を行くこともあるため、悪路走破性を高めるアゲ系カスタムとの相性は抜群です。

 外観では、「ハイラックス」などのタフなトヨタのピックアップトラックシリーズを連想させる台形グリルのフロントバンパーが目を引きます。

 オーバーフェンダーの装着など派手なカスタムが施されていませんが、ボディ全体をラプター社の傷に強い「ラプターライナー」で塗装しザラザラしたマットな仕上がりとしました。

 また大幅なリフトアップや、トーヨータイヤ製「オープンカントリーA/T EX」オフロードタイヤのラギッド感と相まって、力強い印象を与えています。

 標準の樹脂製リアバンパーが外されて無骨なバータイプとなっているのも、悪路に強いプロボックスというコンセプトを際立たせています。

※ ※ ※

 東京オートサロン2024では、リフトアップによるSUV化からレーシーなローダウンまで、様々なカスタムが展示されたプロボックス。

 AGEBOX OVERLAND STYLEは、その見本のような完成度を見せていました。

 オーバーランドスタイルのプロボックスで遠く旅をすることが、今後流行するかもしれません。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ「“アゲ系”バン」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー