“レトロ顔”の新型「ジムニー」初公開! パワフルじゃない「“NON”TURBO」仕様!? ド迫力「ミッドシップ風」フェンダーも斬新な「リトルサンク&デルタ」とは

2024年1月12日、DAMD(以下ダムド)は、「東京オートサロン2024」で「Little 5.(リトル サンク)」と「Little Δ.(リトル デルタ)」を初披露しました。どのようなモデルなのでしょうか。

往年の名車を思い出す…DAMDの新たな「ジムニー」とは

 現行車や高年式車をベースに、ちょっと懐かしい往年の名車を思わせるフォルムを味わうことができるボディキットを多くリリースしているダムド。東京オートサロンの会場にはそのダムドが2024年にリリースを予定している新たなモデルが勢ぞろいしていました。

 その中でも特に注目を集めていたのが、スズキ ジムニーシエラをベースに往年のラリーマシンの雰囲気を纏った「Little 5.(リトル サンク)」と「Little Δ.(リトル デルタ)」と名付けられた2台です。

“NON”ターボ!? ギャグセン高いDAMDの新作「little 5.(cinq:サンク)」のデモカー
“NON”ターボ!? ギャグセン高いDAMDの新作「little 5.(cinq:サンク)」のデモカー

 フレンチブルーのボディカラーを纏ったリトル サンクは、往年のルノー「5(サンク)ターボ」をオマージュしたモデルで、角型のヘッドライトとそれを繋ぐ横長のグリルが特徴的なスタイル。

 さすがに本家のようにエンジンをミッドシップにレイアウト変更はしていませんが、オーバーフェンダーが備わることでソレっぽく見えるのはさすがです。

 なお、本家5ターボは車名の通りターボエンジンを搭載し、それをアピールするためにボディサイドに「TURBO」の文字が入っていましたが、リトルサンクのベースとなったジムニーシエラは1.5LのNAエンジンということで、TURBOの文字の上に小さく「NON」と付け加えてノンターボであることをコッソリアピールしていました。

 そして赤いボディのリトルデルタは、イタリア製のラリーウェポン、ランチア「デルタインテグラーレ」を彷彿とさせるフロントマスクを持った1台で、丸目4灯ヘッドライトと特徴的なグリル、そして垂直に近い角度に立てられたリアウイングがまさにソレ。

 さらにボディ中央には青と黄色のストライプが貼られており、デルタ最後の限定車であるコレッツィオーネを彷彿とさせるものとなっています。

 このように往年のラリーマシンを思わせるスタイルを纏った2台のジムニーシエラですが、実はボディキットの違いはフロントグリルとヘッドライトのみで、それ以外のパーツはすべて共通で、塗り分けのみで違いを表現しているのにはビックリ。

 また足元を引き締めるホイール、OZのラリーレーシングは、現在販売されているデザインのものではなく、往年のデザインを復刻させたもので、DAMDがOZに直談判し、正式なコラボレーションモデルとしてリリースされるもの。

 リトルサンクとリトルデルタが装着しているジムニーシエラ用サイズは(16インチ 6.0J インセット-5)ダムド専売、ジムニー用サイズ(16インチ 5.5J インセット20)はOZジャパン専売モデルとして2024年4月中旬ごろから発売予定とのことなので、ダムドのボディキットを装着しているユーザーはもちろん、素のジムニー/ジムニーシエラユーザーにとっても注目のホイールになることは間違いないでしょう。

【画像】超カッコいい! ノンターボな「ジムニー リトル サンク」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

Writer: 小鮒康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー